怒りっぽい人は嫌だよね。怒りをコントロールして「おおらか」な人間になる方法。

あなたの周りにはやたら怒りっぽい人いませんか?
そういう人って周りの人間を嫌な気持ちにさせますね。怒った本人も嫌な気持ちが続いているんじゃないでしょうか?
逆に殆ど怒ることはなく些細な事には気もかけず、結果自然と人が集まってくるおおらかな人もいます。
その違いは何なんでしょうか?
怒りの原因を知り、怒りをコントロール出来るようになれば、誰だっておおらかな人間になれます。あなたもおおらかで朗らかな人間になって頂ければいいなと思います。

 

全ては自分の期待から

人は無意識のうちに色んな事に期待をしています。それが予想を下回ったり、裏切られた時、怒りのエネルギーが生まれ出てきます。

自分が仕事をしていて「こんなに頑張っているのになんで給料がこんなに安いんだ?」とか、「あいつより俺の方が仕事ができるのになぜあいつが昇進するんだ?」あるいは、わが子が「なんでこの子は勉強しないんだ」とか店員さんに「なんでこんな不愛想な接客しか出来ないんだ!」とか旦那さんには「休日は家でゴロゴロして家事を全然してくれない」などあげるときりがありませんね。

これが自分ではなく、仮にA君という他人やよその子やよその旦那さんに当てはめてみると
「A君はこんなに頑張っているのになんで給料がこんなに安いんだ?」「A君仕事ができるのになぜ別のやつが昇進するんだ?」あるいは、よその子に「なんでよその子は勉強しないんだね」とかよその旦那さんに「休日は家でゴロゴロして家事など全然してないな」など
全く腹立ちませんし、怒りは生まれませんね。期待がないからです。

要するに怒りの原因は自分の中にある期待が自分が思っていたものより下回ったり外れたりすることで、その出来事が原因ではないんです。その期待が高ければ高いほどこのぐらいは当然だろうという思いとのギャップは大きくなり、さほど大したことではないことでもすぐに怒ったりするんです。

 

 

 

期待が低いは「おおらかな人」

期待が高い人ほどイライラしやすく腹を立てて怒ります。

期待が高すぎると自分が不機嫌になり、周りの人たちからも嫌われてしまいます。期待が高くて良いことは、なにもないのです。

逆に期待が低くければどうでしょう?最初から期待が少ない訳ですから日常起こった出来事やアクシデントに対しても愚痴や不満も少なく、逆に期待以上のことをしてくれたり日頃の些細なことでも喜べるのではないでしょうか?
こういう期待の低い人って「おおらかな人」ということなんです。

 

 

時には相手の気持ちを想像してみる

相手の気持ちや立場になって考えてみる事も大切です。

もし自分がこの人だったらどうのかなぁと。

もし自分が店員さんだったら毎日愛想良く接客出来るのかなとか、体調が悪い日もニコニコしていられるのかなーとか。
自分も完璧に接客もこなせないだろうし、たまたま機嫌や体調や悪い時に当たってしまったのかもしれないなー。みんな完璧じゃないんだからしょうがないよって思えてきます。そうすると店員さんへの期待が下がりますので、少々不機嫌だったり接客態度が悪かったりしてもそんな事は些細なことです。腹は立たなくなり、怒りも抑えることができ、おおらかな考え方になれるというわけです。

 

誰でも怒りをコントロールできますよ。

先日、朝の通勤時にスーツケースと旅行バックを抱えてエスカレータに乗ろうとしているおばあさんがいたんです。どこかの田舎から上京されてきたんでしょうか?重い荷物でなかなか上手く運ぶことができないようで、すぐ後ろにいた私が「大丈夫ですか?持ちますよ?」ってことでお手伝いをしようとした矢先に後方で「バカヤロー!!さっさと行けよ!!」と怒りの声がきこえました。急いでいるのは分かりますが。

“ムカッ”として(じゃあ、階段でも使えよ!!)と言いたくなりましたが、エスカレーターを上がり改札口まで荷物を持って言ってあげると、おばあさんは申し訳なさそうな表情で「朝のお忙しいときに本当にどうもありがとうございました」といわれ人混みに消えていきました。私は先ほどの怒りの声のことを思い出し考えていたのですが“ムカッ”とした感情が徐々に消えたのを覚えています。

何故か?と言われますと少し怒鳴った人の気持ちを考えてみたからなんです。
もしかしたら今日は、何らかの事情で電車に乗り遅れて会社に遅刻しそうになってしまっていて、いつもは怒鳴ったりしないのに最近プライベートでもストレスが溜まることがあって心にもないことを言って、今ごろ後悔しているんじゃないかな?とか、ノルマが達成できず日頃から上司に怒鳴れていてストレスを貯めこんでしまい、ついカッとなって怒鳴ってしまったのかな?とか、自分の勝手な想像でイメージしてみるとムカッとした感情はなくなっていきました。怒りをコントロールできたっていうことですね。

もう少し深堀すると自分は困っていた人を助けていたにもかかわらず文句を言われた、要するにいいことをしていたのにそれを否定されたということで、自分が期待していたものと反対の反応をされたということで腹が立ったということですね。無意識で気が付かないうちに。しかし相手の身にもなって考えたことで、感情を抑えられた(コントロールできた)ということだと思います。

もし、ムカッとした感情のままで仕事に行ってしまったら職場で上司や同僚、部下に嫌な思いをさせていたのかもしれませんね。
そう考えると、怒りをコントロールできる事は社会で生きていくうえですごく大切な事なんだなぁと改めて思ってしまいましたし、これって誰でもできますよ。一旦気持ちを落ち着けて想像してみてください。

 

 

当たり前の感謝をし無意識の期待を下げる

当たり前のことに感謝し小さなことにも喜びを感じられるようになる。そうすれば高い期待はだんだん低くなります。
前述しましたが、高い期待のままだとこのぐらいは当然だろうという考えで、ちょっとしたことでイライラし満足することが出来ません。
「この店員態度がむかつく」とか、「この商品値段の割には不味い」とか、「今日も渋滞している行政はちゃんと道路つくれよ」とかね。

そうではなくて、「店員さん今日も朝早くからありがとう」とか「この商品を食べれるのは色んな人が携わってくれているからなんだな。ありがとう」「ありがたいことに日本には道路があるからね。」などと
当たり前のことを当たり前に感謝すること「当たり前の感謝」を増やしていくと、小さなことにも喜びを感じられるようになります。そうすると自分の中にある人に対する期待、社会に対する期待が下がりおおらかな考え方になってきます。

 

 

まとめ

幸せに生きていくには「おおらかな人間」になることです。そのためには自分の無意識中にある期待を低くすること。

期待が高すぎると自分が不機嫌になり、周りの人たちからも嫌われてしまいます。期待が高くて良いことは、なにもない。

時には相手の気持ちを想像してみる、相手の立場になって考えてみる事も大切です

期待を下げるために当たり前を当たり前とは思わずに感謝することが大切です。

 

おおらかな人間になって、怒りやストレスを貯めないようにしましょう。

 

 

歯石や歯垢を除去してもらうPMTCってしってる?虫歯にならんために!

あなたはPMTCって言葉を聞いたことがありますか?

Professional Mechanical Tooth Cleaning の略称で歯科医院で歯石を除去したり、プラーク(歯についた汚れ)を取ってもらうことです。

口ってさまざまな役割を担う重要な器官です。食べたり、飲んだり、会話したり、顔の表情を作ったり。。。。

私は長年のタバコとコーヒーの汚れで生え際が茶色っぽくなってましたが、PMTCで白く清潔になりとてもスッキリしました。しばらくは喋るのが楽しかったです。

歯科医院でPMTCしてもらったらどんな感じなのかきさいしてます、ホワイトニングとの違いも分かります。

 

 

定期的に歯科医院でPMTCをする理由は?

歯磨きって、毎食後なのか一日何回なのかは分かりませんが、ほとんどの人が毎日していると思いますが、素人では歯に付いた汚れは落とせていません。PMTCって口腔内のクリーニングのことを指していますが、歯科医院に行くと、専用の器具の先から水が出るような機械やタービンの先にペースト状のものを付けてグリグリ磨いて、その汚れを落としてくれます。

歯周ポケットの方もキレイにしてくれますので、歯周病や虫歯予防にも効果がありますし、タバコのヤニやコーヒーのステインなども落としてくれますので、ホワイトニング程ではないにしても見た目もある程度美しくなっているように思いますし口臭の予防にもつながります。

電動歯ブラシで丁寧に歯を磨いても全ての汚れを落とすことは不可能で、頑張っても8~9割ぐらいが限界だと思います。残りは歯に付着し細菌の塊「プラーク(細菌)」や「バイオフィルム(細菌の塊)」として残ります。プラーク1g中に1000億個以上の菌がいるといわれています。

なので、定期的にPMTCを行うことは歯や口腔内を健康に保つためには欠かせないものだと考える人が増えてきています。

 

PMTCとホワイトニングはそもそもの処置目的が違う

PMTCとホワイトニングでは、「歯を綺麗にする」という目的は同じであっても、行う処置が異なります。

PMTCは専用の機器やタービンを使って、自分では落とせない磨き残しやプラーク、歯石を除去、清掃することである程度ですが歯は白くなります。しかし元々歯のエナメル質や象牙質が黄色っぽい人や長年喫煙などで歯にヤニやお茶などのステインが沈着してしまっている人の中には、PMTCだけでは思ったように白くならないことがあり、更に白さを求める場合にはホワイトニングということになります。

ホワイトニングは遺伝的にもともと象牙質の黄色い歯やコーヒーやお茶、タバコといった食べ物、飲み物、嗜好(しこう)品等によって付いてしまった歯に内側のエナメル質から作用するペーストや薬液などを使用して漂白くします。

ですので、虫歯や歯周病予防を目的としているPMTCと審美を目的ホワイトニングはその目的が異なります。

 

保険が使えるケースと使えないケース

前提としてPMTCは、予防を目的としてます。

歯科医院でPMTCを希望される場合には、歯周病、歯肉炎、う蝕などの傷病名がないと自費診療になります。PMTCをする必要がある口腔内の状態(傷病名あり)であることが前提で、検査なども含めて健康保険が適用されます。

金額は医院によってそれぞれですが、PMTCのみを希望されるのであれば1回3500円~くらいでしょうか?

軽度の歯肉炎などの傷病名を付けて簡単な処置とPMTCをやってくれる気の利いた歯科医だと(一部負担金のみ)でいいんですが、一応保険証は持って行った方が無難かと思います。

時間がなく歯科医院に行けない、面倒くさい等と思われる方は、精度は落ちますが、PMTCの器具などを購入して鏡を見ながら自分でやってみるのもいいかもしれません。

 

  

 

どこに汚れが付きやすいのか、磨けていないのかが把握できて汚れが落とせます。

 

 

 

ホワイトニングの前にPMTCをした方がいいと思うんだが?

ホワイトニングをする場合、事前に虫歯の治療や歯石の除去を済ませなければならないことがあります。

最近は、インターネットなどでホワイトニングのキットを購入し自宅でしている方もおられますね。

聞けばホワイトニングの相場って歯医者さんによっても違いますが、3万~10数万もするようです。。。。

ホワイトニングの専門店などもあるようなんですが、医療法に抵触しないのかな?問診とか白くする以外に口腔内に問題があった場合はどうするのか、個人的に興味がありますが。

また、薬剤は人により違ってくるそうなんですが、強い場合はしみることもありますし、そもそも汚れている歯の上から薬剤を塗布したりテープを張ったりしてもどうなんでしょうか?汚れた車に洗車をせずにワックスをかけるようなものではないでしょうか?

 

PMTCの進め方はこんなかんじ

歯石・歯垢の除去

歯の状態をチェックします。「染め出し液」を使用し歯石や歯垢(プラーク)がをそめっだします。このピンク色が濃ければ濃いほど、歯石や歯垢が多く残っている。歯の状態を確認し、歯石と歯垢を除去をします。歯の表面と歯周ポケットの浅い所には器具が入ります。超音波スケーラーなどを使用し、歯の表面や歯肉との境目に付着している歯石と歯垢を壊します。水と一緒に洗い流します。

クリーニング

歯石と歯垢を洗い流し、エアーフロー(ジェットクリーニング)やPMTCの機械を使ったクリーニングをおこないます。フッ素配合などをした研磨ペーストやジェルを、歯と歯の間や歯と歯茎の間に注入します。 研磨剤を注入し終えたら、回転式のブラシやゴム製のチップなどを使ったクリーニングを始めます。チップも回転ブラシもやわらかいシリコンゴム素材で作られているため、歯や歯茎を傷つけず痛みもないため、通常の虫歯の治療よりも楽に受けれますよ。

コーティング

歯の汚れが完全に洗浄された状態で、歯の表面にフッ素塗布をして虫歯の予防をします。数分間で歯に浸透し、終了です。

 

 

まとめ

虫歯や歯周病にならないために事前に「予防」することが大切ですが、どうしても歯が痛くなったり歯周病になったからというように事後に通院される方が殆どだと思います。通われている方の頻度ですが、3か月に一度が多いと聞きました。3か月程度で細菌の数がもとの状態に戻ってしまうことと、口腔内の管理、そしてモチベーションの維持にもつながるそうです。

口腔内の歯石やプラークを定期的にキレイにすることで、歯を健康な状態で保つことは、QOL(quality of life)向上にもつながりますし、他の病気を併発させないためにも大切な要素となっています。

 

周りに気を使いすぎたり、自分を殺しすぎる人は、少し我がままになった方がいいんだよ? 過剰適応をなくして自己主張をする簡単な方法!

あなたは、周囲に気を使いすぎる人、周囲に同調しすぎる人ではないですか?

まわりの顔色が気になり、まわりに合わせようとするあまり、自分を押し殺してしまい、自分の時間や労力そしてお金などを犠牲にしてまで他人を優先してしまっていませんか?

日本人にはとくに多いですね、同調圧力なんて言葉もあるぐらいですから。優しい方に多く自分の気持ちを押し殺しいつも疲弊していますね。

周囲に合わせすぎている、自分の意見を主張することにた”めらい”を感じている方が、紹介する改善方法を実践すれば少しづつですが、自己主張が出来るようになり人生が楽になりますよ。

 

周りを意識しすぎる人は過剰適応症候群

我慢をするってことは大人になるって言うことですから大切なのですが、いつも周りを過剰に意識し、同調しようという緊張状態が続くと当然疲労しやすく、それが長く続くと自律神経の副交感神経の力が弱まります。

徐々にその緊張状態が長時間続くようになり解放されなくなります。過剰適応(症候群)の状態に陥るわけです。

なかなかリラックス状態切り替えることが出来なくなると、睡眠不足にやすく疲れもとれなくなるわけですね。

その結果、集中力が落ちて仕事の質が落ちたり、人付き合いが億劫になり、自分に自信がなくなったり。。。。。

原因がよくわからないので、自分自身を追い詰めてしまう傾向にあります。酷くなると鬱などの精神疾患にもなってしまうようです。

 

 

そんなあなたのことを周りはどう思っているのかというと….

そんな気苦労をしているにもかかわらず周りの人の反応は、

意見を言えない印象の薄い人、記憶に残らない人、いい人なんだけど・・・特にこの人何もないなっていう感じ。

最悪なのは、そんな人が好いあなたのことを図々しい人や悪意を持った人が都合よく利用してしまうことです。

自己主張が出来ないせいで、自分の人生を犠牲にしていることになりませんかね?もったいなくないですか?

 

もっとわがままになり、自分の人生を生きましょう!

 

なぜ、自分を犠牲にして他人を優先してしまうのか?というと、

 

それは、自分を尊重できていないからなんです。

 

ちなみに図々しい人は反対に他人を尊重できず、いつも自分を優先していますよ。

他力本願ですが、ある意味自分の人生を生きていると言えますね。( ´∀` )

 

一番良い状態は、他人を尊重するのと同じくらい自分を尊重するのが理想的で、それこそ健全なメンタルの状態であるといえます。

 

ではこの理想的な状態にするには、どうしたらいいのか?というと、過剰適応の人は少し「わがままかな?」と思うぐらいになれば、健全な状態になれます。

わがままになれ!といっても最初はためらいがあると思います。これは慣れていくしかないです。

 

ちょっと自己主張をして!

 

想的な状態に持っていくためには、少しずつ自己主張に慣れていく以外に方法はないと思います。

過剰適応の人は今まで、人に受け入れてもらいたいからという思い、自身のなさから自分の本心を殺して避けてきたと思うんです。

そういう思いや本心をちょっと殺してみましょう。方法は簡単です。

最初は、ハードルを低くしてスーパーなどで忙しそうな店員さんを捕まえて「すみません、〇〇の場所ってどこですか?」と商品の場所を尋ねるとか、「申し訳ございませんが、△△に行くにはどう行けばいいですか?」という具合に人に道を尋ねるとか簡単なことから始めてみましょう。

ちなみに「申し訳ありませんが」とか「すみませんがとか」は声掛けの際のきっかけ程度と考えます。

 

次第に申し訳ないからとか悪いからという気持ちが薄らぎ、自分の気持ちが前面に出せるようになり、私生活や仕事でも主張できるようになります。

 

「悪いけど手伝ってくれない?」「忙しいので今日は無理です、すみません」「体調が悪いから帰るわ」「ちょっと私には難しいので他をあたってもらえませんか?」などと、普通に言えるようになりますよ。

 

迷惑でもわがままじゃないよ!

自己主張をするということは、自分を大切にしているということです。

他人が嫌な思いをしていないのであれば、決して迷惑なわがままではありません。

むしろ自分の気持ちを大切にしているということで、もちろん自分以外の人も大切にしますが、そのバランスがいい塩梅でうまくとれた状態を目指しましょう。

その時に初めて過剰適応がなくなり、健全な心の状態をキープすることができるわけです。

 

気疲れが軽減し、他人のために生きる人生、利用されなくなる人生、そして深い人間関係がが生まれ精神的にも肉体的にも更に健康になれれば最高じゃないですか?

今までの人生がガラッと良い方向に変わってきますよ。きっといいことずくめです。

 

 

まとめ

過剰適応の人は心の底にある『自分を受け入れてくれるのか?』という自信がない状態のため、高い評価を得たくて無理をしがちです。また、すぐに不安になり、周りに同調し他人のために自分の人生を犠牲にしている状態にあります。

心がそのようないつまでたっても深くて良い人間関係はできません。

最初は、ハードルを低く簡単な方法からなれていき、徐々にためらわずに自己主張ができるようになりましょう。というか、自然にできるようになりますよ。

緊張やストレスとかでメンタル弱い人はDHEAを増やば?予言の自己実現を活用する!

あなたは、メンタルが強いですか?

私は弱かったです。人間関係で心が傷付きやすいというか、人の目を気にしすぎるというか。。。
すぐに不安になることが多くストレスが掛かり、体に悪いんですがその発散方法は酒とタバコでした。
メンタルを強くする事でこの悪い流れを断ち切ろうと思い、色々調べていくうちにストレスは一概に悪いものではなく、ストレスを上手に利用することでメンタルが強化できることを知りました。今では、メンタルが強くなっていたというか、自分のこと以外は無関心らしいのでもう少し周りを見たほうがいいかな♡って言われています。

自分は、メンタルが弱いなぁ~と思っている方には役立つと思います。

 

 

分泌されるコルチゾールとDHEA

 

恐怖を感じたり、緊張で頭が真っ白になったり、些細なことで不安になりストレスを感じ何もできなくなる、やる気がなくなる今までそういうことがありませんでしたか?

そういったストレスがかかった状態の時に脳内ではコルチゾールと いう物質とDHEAという物質が分泌されます。

コルチゾールは主に血圧を上昇させて運動機能を活性化する糖質副腎皮質ホルモンで、DHEAは若返りホルモンとも呼ばれ免疫力を高めたり炎症を抑え腫瘍を予防、筋力維持など生活習慣病などのリスクを減らすことができると言われています。

 

 

コルチゾールと DHEA の分泌量の関係

 

メンタルが弱い人はコルチゾール分泌量に比べ DHEA の分泌量が少ないんです

要するにDHEAの割合が少ないとメンタルが弱くなりやすいということ。

 

メンタルが弱い人

コルチゾール分泌量 >  DHEA の分泌量

この場合ストレスがかかると頭が真っ白になったり、緊張で脂汗が出たり、上手くしゃべることが出来なかったり、不安になったり、守りに入ってしまう。

 

 

逆にメンタルが強い人はコルチゾール分泌量に比べ DHEA の分泌量が多いんです。

メンタルが強い人

コルチゾール分泌量 <  DHEA の分泌量

この場合ストレスがかかると挑戦するやる気の源になったり、適度な緊張感に変わったり、人によってはストレスが強いほどやる気が湧いて来たり、ストレスは友達、いい刺激状態になるんです。

 

コルチゾール・DHEA それぞれの分泌量が多い人と少ない人とでは、何か特別な体質、食べ物、サプリメントとか摂ってるの?と思ってしまうのですが、答えは以外にもストレスに対する「考え方」ひとつでDHEA分泌量が変わるということでした。

 

 

 

考え方で分泌量が変わるDHEA

 

ストレスを嫌なもの、悪いものと考えているとDHEAの分泌量が少なくなり、反対にストレスを嫌なものでない、悪いものでもないと考えている人は DHEA の分泌量が多くなります。

時間はかかりますが、この考え方でDHEA分泌量に変化を起こせるんです。

では、ストレスを嫌なもの、悪いものではないと思うためにどうしたらいいのでしょうかね?なかなか難しいと思いますよね。

実は方法は簡単なんです。この方法を知ったとき、小学生の頃に雪が降った日、友達らと今日一日は「寒い」と言ったら負け、寒いという代わりに「暑い」と言うゲームをやっていたのを思い出しました。

 

 

 

心と言葉を変えること

DHEA分泌量を増やす、一番簡単でお金がかからない方法は、心を変えること、心を変えるには言葉を変えることです。

ストレスを感じた時には「これ、そんなに悪くない。別に嫌いじゃないよ」とか、逆の言葉を口に出して言ってしまうのです。

 

たとえば、嫌な上司に命令口調でなんだかんだと言われるとストレスを感じますよね?そんな時、「そこまで悪くないんじゃね?」とか、「命令口調で言ってるけど責任感はあるんじゃね?」と言ってしまうんです。

言葉にしなくても心の中でもいいですよ。

そうすると不思議にも嫌な上司の良い面も少し見えてくるんですよ。「この人は、上からの圧力と下からの突き上げでストレス貯まってんのによくやってるよなぁ。」とか、「ヘラヘラして仕事のできない隣の部署の上司よりよっぽどましだね。」とか、一方向だけでなく多方向から色んな面が見えてくるんですね。
そうすると最初のうちは思えないかもしれませんが、今までとても嫌だった上司が、ちょっと苦手な上司くらいには思えてくるんですよ。

 

 

 

予言の自己実現

急に心を変えることはできませんが、時間をかけゆっくり自分の心や考えが変化していくんですけど、この変化を心理学で「予言の自己実現」といいます。

人は無意識のうちに自分を正当化する心の働きを持っており、いつでも自分の判断は正しいと思っています。その心の働きが変わるには、相当な刺激を受けない変わることがありません。

その自分を正当化する働きを利用する「そんなに嫌でないよ」「別に悪くないんじゃね?」という自分の言葉で自分の中に刷り込ませることで、ストレスの対象のいい面を見つけ、だんだん嫌なもの、悪いものではないと思えてきます。

そしてそのストレスに対する考え方が変われば、自動的に DHEA の分泌量が増加しストレスが原動力になる、ストレスが自分の味方になり、結果自分のメンタルが強くなるというわけです。

 

 

「予言の自己実現」を実践した先輩

身近な先輩にHさんという人がいるのですが、人から何を言われようが我が道をいくというマイペースな人です。いつも笑顔で朗らかな性格で、何故か周りには人が絶えません。超プラス思考で自分が大好きな性格、いつも幸せそうに見えます。すごくメンタルが強いというわけでもないんですが、以前はすごーくメンタルが弱く、すぐに緊張して頭が真っ白になっていたそうです。

すぐに緊張する性格が嫌でたまらなかったらしいんですけど、心理学を勉強していて「予言の自己実現」を自分に試してみたらしいんです。
人前で話すのはわるくないよね、いい人生経験になるよね」とか、「調べ物って、しんどいけど知識も付くし(キャバクラで話のネタになるし)悪くないよね」とか。( ´∀` )

そんなことをブツブツいっていると、少しづつですが人前で緊張するプレゼンや仕事へのプレッシャー、人間関係とか少しづつストレスではなくなり、「次回はもっといいプレゼンをしよう」とか「〇〇さんともっと仲良くなって仕事の情報交換をしたい」とか思うようになり、皆がやりたがらない仕事でも挑戦してみようという気力が湧いてきて、知らぬ間に不思議と自信はついていた。と話していました。

DHEA の分泌量が増加しマイナスとして感じていたストレスを自分の味方し行動できるようになった、メンタルが強くなったいうわけですな。

 

DHEAは、サプリメントでも補える。

20台でピークを迎えるDHEA分泌量は、40代では半分、80代では0になるそうです。加齢とともに減少するDHEA。しかし、DEHAはサプリメントで補うことが出来ます。

海外では気分や活力の改善向上をするDHEAサプリメントを「若返りサプリメント」として販売されています。日本では医薬品の部類になってしまうのでサプリメントとしては、販売していません。勃起不全や更年期障害にも効果があるらしいので、メンタルが強くなるだけでなく、体力や精力も強くなるはずです。

 

 

まとめ

ストレスは人にマイナス要因を与えるだけのものではない。
むしろストレスを上手に使うことで、今以上にメンタルを強化することができる

メンタルを強化するには DHEA の分泌量を増やすためゆっくり時間をかけて自分の心や考えを変えていく。そのためにストレスとは逆の言葉を口に出して言ってしまう、若しくは心の中でいう。

どうか、ストレスを原動力に変えて行ってください。きっと、いいストレスになると思いますよ 。

目の奥がズキズキ痛い群発性頭痛なら脳神経内科へGO!、アルコールはダメ!!、市販の点鼻薬で応急処置できるよ。

群発性頭痛って知ってますか?聞きなれない名前だと思います。英語で「cluster headache」とかヒスタミン頭痛 「histamine cephalalgia」などとも呼ばれたりします。

私は約10数年前からこの頭痛と共生しています。

 

 

 

群発性頭痛は患者数が少ない

頭痛と言えば良く聞くのが慢性的な「片頭痛」「緊張型頭痛」で頭部の片側や両側のこめかみ辺りがズキズキする痛みがあったり、頭全体がキリキリと締め付けられるような痛みがあったりするのが一般的ですよね。

この群発性頭痛は患者数がかなり少ない頭痛です。現在では発症率が1000人に1人と言われています。約10数年前は数万人に1人と言われていたように思います。昔は原因がよくわからず精神病のような扱いを受けていたようです。

 

 

痛みの個人的感想 外科手術と比べて

出産よりも痛く、男性に多く女性の4倍から5倍と言われているほど男性の発生率が高く、男性の中でも20代から40代に多いと言われています。

私は膝のじん帯を切断し再建手術(ACL)で入院した経験があるんですが、その際に医療用のドリルで足の骨を削り人工じん帯を通す「穴」を作ったことがあります。
全身(脊椎)麻酔が切れた時にものすごい痛みが襲ってきたんですが、(入院の時は優しく可愛い看護婦さん達がいたので痛みも和らぎましたが)群発性頭痛の痛みはそれにも匹敵する痛みです。

頭痛でのたうち回る人もいるようで、私の場合は痛みがピークの時には動くことができず、脂汗をかきながらただ痛みに耐えるしかなかったです。

 

 

目の奥に激しい痛みを伴います

自殺頭痛という別名もあるくらいで目の奥に激しい痛みを伴います。

私の場合前兆は、目の奥が少し重いような鈍い痛みが続きました。

脳外科や脳神経外科を受診しましたがハッキリとした原因が分からず、処方された薬も効かなかったので、後は眼科に行くしかないと考えていた矢先に目の奥をのこぎりでゴリゴリ削られているような殺人的な痛みが襲ってきました。

痛みの表現は人によって様々ですが、眼底の骨を”金属やすり”でゴリゴリ削られているような痛み、血管の脈打つのに併せて針のようなもので刺されるようなズキズキする痛みなど、目をえぐられ死にたくなるような痛みが1か月から2か月間続き、この間1日に1回か2回程度決まった時間帯にこの恐ろしい痛みが襲ってきます。目が充血し涙や鼻水が出ます。

目の後ろにある太い血管が拡張し、その周囲に炎症が生じて、神経を刺激するために起こると考えられており、痛みを抑えるには血管が拡張を抑える必要があります。

1か月から2か月がすぎるとピタリと頭痛がしなくなります。

なぜ、「群発性」かお分かりになられたと思いますが、名の通り群発地震のようにある期間に集中して規則的に頭痛がおこるという変わった特徴を持っています。調べてみると季節の変わり目に発症することが多いようで春か秋に集中しているようです。

発症のメカニズムについて、まだはっきり分かっていない点が多く、自律神経を司る視床下部の異常、目の奥にある血管(内頸動脈)の拡張と炎症が関係していると言われています。

 

一般の頭痛薬や鎮痛剤は効かない

この頭痛なんですけれども市販薬、処方薬ともに頭痛薬や鎮痛剤では治りません。効果があるのは、

トリプタン系薬剤  イミグラン点鼻 or 皮下注

純酸素吸入 医療用の酸素を吸入する治療法

市販鼻炎スプレー ベンザ鼻炎スプレーなどリドカイン成分入りのもの

市販の鼻炎スプレーはあくまでも応急処置、人によっては効果を実感できなかったケースもあるようなので。酸素吸入は2018年4月から健康保険適用になったそうです。

私の場合この頭痛は、痛みが徐々に大きくなってきて時間帯や期間もある程度分かるので、事前に薬で対応できました。

 

 

アルコールは絶対飲んではイカン!!すぐに脳神経内科へGO!

約10数年前に群発性頭痛を発症し、当初はあまり情報もなく片頭痛かな?と思いまして脳外科を受診し、レントゲンやMRIを撮りましたが原因が分からず。痛みがひどく涙や鼻水とともに目の奥をゴリゴリのこぎりで擦られるような痛みがあり酷いときには三叉神経も圧迫するような痛みがありました。

理由もわからず、イライラしていた私は「アルコールを飲んで体を浄化すれば治る!!」となかば“やけ”をおこし、酒を一口飲んだ後に恐ろしいほどの痛みが目の奥に走り悶え苦しんだ思い出があります。アルコールを飲むと血管が拡張します。

後日、知り合いの医師から「脳神経内科」を紹介され、症状を説明したところ「群発性頭痛」であると分かりイミグランを処方され痛みはウソのように消え去りました。

 

 

市販の鼻炎薬で応急処置

それから3年後、急に痛みが再発したのですが、リドカイン成分(麻酔成分)が含まれている市販の鼻炎薬でも人によっては目の奥の血管の拡張を抑える効果があると聞いていたので、ドラッグストアで購入し点鼻したところイミグランほどではないですが、痛みを和らげることはできました。

急に痛みが出てきて、今日はちょっと医院にいけないような時、あくまでも応急的処置で使用している人もいるようです。

      

まとめ

このような方は「群発性頭痛」を一度疑ってみるのも良いかもしれません。

朝若しくは晩に痛むことが多く1~2時間目の奥がズキズキする痛みがあり、頭痛薬や鎮痛剤で、効果を感じられない。

 

飲酒や喫煙をする人でPC等の液晶画面に長時間向き合うような仕事をしている男性で20代~40代に多い(男性は女性の4~5倍)女性の場合だと20代と60代に多い。

また、通院するのも「脳外科」「脳神経外科」でななく「脳神経内科」でないと分からないことが多いので脳神経内科を受診することをおすすめします。

 

なお、群発性頭痛発症時は禁酒です!体験したのでわかります。飲酒は自殺行為です!

できれば、禁煙も!(医学的根拠はないが群発性頭痛の人に多いらしいので

血管を拡張させないよう、お風呂に入る時も湯船につからないようにしましょう。血流をよくしたり、血管を拡張する薬や漢方薬を飲んでいる人は医師に相談しましょう。

世間に出回る色んな禁煙法、一番楽で効果があった方法は?何度も禁煙失敗した経験から言います・・・・

あなたが禁煙しようと思ったきっかけはなんですか?
自分の健康のため?家族の健康のため?お金?色々あると思います。
わたしもわたしの周りもそうなんですが、止めるとき周りの人に「この一本が人生最後の一本、この一箱がで辞める」そんな感じで宣言とかすると思うんです。何かの節目、例えば誕生日からとか新年が明けたらとか子供が出来たからとかのきっかけが多いですね。

でも私の周りの人は、半年ぐらいは頑張れてもまた吸ってしまった…というのを何度も目にしていますが、

ある方法を除いて、ほとんど失敗します・・・・・ある方法、それは禁煙外来。

私も今は何とか禁煙できているんですが、失敗も多く今まで世間に出回る禁煙方法を色々試してみました。

ここでは、自分が経験した中で一番効率的かつ精神的に楽なものを紹介しています。

 

 

気合、根性で禁煙する

かなり意志が強くないと難しいと思います。何か相当な意志がないと。
やめた後も誘惑に耐えることが大変で、ストレスでイライラしてせっかく2週間ほど耐えたのに、また吸ってしまったみたいな事を何回も経験しました。
私が一番最初に禁煙した方法がこれでした。キツかったですが、20代の若さということもあったのでしょう。耐えました。
当時は禁煙補助ガムのニコレットが出始めでドラッグストアに行っても品薄で高かったので、普通のガムや飴で口さみしさを耐えていました。タバコが吸えないストレスでイライラしてしまうことが多かったですね。ストレスから過食してしまうこともありました。

 

禁煙セラピー(本)

はっきり言って意味がありませんでした。本を読んでタバコが辞めれるというもので、簡単にいうとタバコの事を悪く書いてあり、あなたをニコチン漬けの世界から解き放つみたいな感じの内容で、自己啓発のような感じでしょうか。2冊読んだんですが読んだ後は、感化されて「吸わんぞ!」って思うんですが、数時間後ご飯食べた後、普通にタバコ吸ってましたね。

 

禁煙パイプ、禁煙タバコ

ニコチンが徐々に減っていくフィルターパイプをタバコに付け吸うというものです。パイプがなくなってしまったからと言ってタバコを辞めれる訳でないですし、結局普通にタバコ吸ってしまう、ニコチンの量が減っていたら物足りなくなってしまい普通にタバコ吸ってしまう、ということで結局無駄な買い物で終わってしまった友人を知っています。

また、ハーブやドクダミ?の草を使った禁煙用のタバコというものがあります、若干お高いようです。中にははっきり言って臭くて不味く吸えたもんじゃないものがあります。(不味いのだったらそれを我慢して吸っていたら自然に辞めれるんじゃないの?)と思いますが結局、また元のタバコに戻ってしまった友人を見ています。友人曰く慣れてくると逆に禁煙用のタバコが離せなくなり、むしろ高くなってしまった。そうです。

 

 

 

ニコチンフリーの電子タバコ

色んなフレーバー(風味)があり、ニコチン・タールは含んでいないのですが、はじめ水蒸気を吸い込む時にかなり蒸せました。最初は水蒸気に肺が慣れていないので肺が水中で溺れているような状態らしいですね。LEDで光ったりとか色んなデザインの物があり基本使い切りのカートリッジやリキッドを交換し繰り返し使える充電式タイプです。口寂しい時に誤魔化す程度にはなりますが、物足りなさを感じます。
わたしも以前ある日を境にタバコからこれに切り替えて挑戦したんですが、甘い風味に耐えられなかったですね。マスカット風味がいけなかったんでしょうか?

 

ニコレット、ニコチネル

人によっては不味い、甘すぎるとか言われています。最初の頃はミントしかなかった事と比べると味は随分ましになりましたよ。少し金額は張りますが。
わたしは、最後これとネオシーダ―で止めたのですが、これの良いところは場所を選ばないということでしょうか?ただ、噛んで口内の粘膜や歯茎に触れるとピリピリします。
ニコチンがしみ込んでいるんだと思うんですが、普通のガムにはない事ですね。知覚過敏の人はこのピリピリが嫌かもしれません。

 

 

禁煙外来

私の周りはほぼ禁煙外来で薬を処方され服用後、禁煙できているようです。

お医者さんに行って検査後に薬(チャンピックス)をもらいます。3か月間薬を飲むんですがその間定期的に通院します。

最初1週間は薬を飲みながらタバコを吸ってもかまわないのですが、自分は薬を飲むと吐き気があり気分が悪い日が続きました。

3日目までは05.㎎錠を1日1回、7日目までは0.5㎎錠を1日2回、8日目から1㎎錠を1日2回という感じで増えていき3か月間飲み切りますが、タバコに対する興味が一切なくなり途中で何度か薬を飲み忘れたこともありました。

この薬飲み始めた直後、試しにタバコ吸ったらとにかく不味く気持ち悪かった記憶があります。効果があるんだなぁーって思いました。

そして私の場合はニコチン切れのピークが、3日~4日目に来るんですが、ニコチン欲しさの衝動がほぼ感じられませんでしたね。

その後も気分が悪い時があったのですが、慣れてきたのでしょうか、あまり気分も悪くならなかったように思います。タバコ吸いたいという衝動もなく、イライラすることもありません。今まで喫煙時に缶コーヒーを一緒に飲んでいたんですが、缶コーヒーだけ飲むと今までより味が濃いような感じで、食事の時に使う醤油とか塩コショウ、ドレッシングとかあまり使わなくなりました。

2か月後くらいに再度、友人からタバコもらって一口吸ってみたんですが、不思議なもので何の味気もないただの煙を吹いているだけのような感じでした。もちろんこの後、吸いたいとは思いませんでしたが・・・・

 

 

 

それから数か月、普通にしていれば、再度吸ってしまうことがないのですが、バカな私はとあることがきっかけで吸ってしまうことになってしまいます。

 

まとめ

禁煙外来が一番離煙率が、高く精神的にも楽であると思います。

やはり 医療の力 は大きいです!! 本気で禁煙したい方は禁煙外来へ行くべきです。

処方された薬(チャンピックス)をのむと何故か、タバコの対する興味がなくなってきます。

自分の場合は吐き気とかもあり、結局タバコには興味がなくなりました。

処方してもらう薬ですが、禁忌、副作用もありますのでお医者さんからの説明をよく聞いて服用してください。

なお、処方された薬は最後まで切った方がいいですよ。

 

 

 

タバコを止めると起こる体の変化や効果、禁煙はメリットしかない!?

当たり前のことですがタバコを吸うと体にとって多くの悪影響を及ぼします。

しかしタバコが有害であることは知っているけど、体でどのような悪影響を及ぼしているかは詳しくは、知らないという方も多いのではないでしょうか?喫煙すると禁煙すると体内でどのような影響があるのか簡単に説明しています。

 

 

 

そもそもタバコを吸うと体はどうなる?

タバコを吸うことで体にはどんな影響があるのでしょうか?

実はタバコの煙には約4000種類の化学物質が含まれておりその中には200種類以上の有害物質が含まれています

この有害物質を吸い続けると空気の通り道である食道や肺にダメージを与え、慢性気管支炎や肺気腫といった病気を発症させ易くなり、死にもつながる病気を引き起こす可能性が高くなります。

 

 

血液を通して全身に有害物質が運ばれる

まず、タバコに含まれる有害物質は主に肺から吸収され血液を通して全身へと運ばれます

代表的な有害物質として知られる物としてニコチンと一酸化炭素があります。

肺から取り入れられたニコチンが体全体に巡っていきアドレナリンの分泌を高め多幸感を得ることができます

それと同時に心拍数を上昇させ血行不良から手足が冷えます 。

ニコチンは血管を収縮させるため血液を流れにくくし血管内部に血栓というかさぶたのようなものができます。この血栓が血管を詰まらせてしまうことがあり、心臓発作や脳卒中といった死につながる病気を引き起こしてしまう可能性があるのです。

しかし20分もすれば喫煙によって収縮していた血管が元に戻り血圧や心拍数体温があって常に戻ります。

そして禁煙後に時間経つとニコチンによるドーパミンの分泌が止まるためタバコを吸ってニコチンを補充したくなります(禁断症状)

また、一酸化炭素も血液に入ることで血液内のヘモグロビンと結びついてしまい体に悪影響を与えます。

ヘモグロビンは酸素と結びついて全身に酸素を運ぶという役割をしていますが、一酸化炭素は酸素に比べて200倍以上もヘモグロビンと結びつきやすいため一酸化炭素があると酸素とうまく結合できません。

酸素の供給がうまくできず酸欠になるなど運動にも影響を与えます。

 

 

実際男性でガンになった人のうち約3割がタバコが原因だと考えられています

特に多いのが肺がんで喫煙により4.5倍も肺がんになりやすくなり自分がタバコを吸うだけで受動喫煙により家族まで1.3倍肺がんになりやすくなるそうです

イギリスのデータによるとタバコを吸い続けると、70歳時点の生存率が23%も低下し、寿命だと約10年縮むそうです。

タバコは多くの人が吸っている上、違法薬物例えば、大麻や合成麻薬に比べると簡単に手に入るので軽視されることも多いですが、体に与える影響は想像以上に大きいのです。

 

 

タバコをやめると体はどうなる ?

禁煙を始めてすぐにダメージを受けた体が健康に近づいていきます

禁煙を始めた自身の体は、まず20分で血圧や脈拍が正常付近に戻ります。

約8時間経つと血中の一酸化炭素レベルは減り運動能力が改善し始めます

約24時間経つと心臓発作のリスクが減少し始め48時間ほどでタバコによって鈍っていた味覚や嗅覚が復活し始めます。

禁煙の効果を最も実感するのがこの48時間後と言われています3日後にはニコチン禁断症状のピークに達し頭痛吐き気痙攣うつ病のような症状を発症しますが、この期間が過ぎれば緩やかになっていきます

2週間程度で睡眠の質や肌の調子も改善し始め、数ヶ月で肺も健康的になってきます。

3~9ヶ月になると肺の中は綺麗になり咳疲労感と倦怠感息切れがほとんど無くなりますこの状態が禁煙成功と言われる状態だそうです。

約1年経過すると血管の機能が改善するため心疾患のリスクが1/2にまで減少します

そして十年以上禁煙に成功すれば咽頭がん肺がんなど様々ながんのリスクが半分以下にまで低下するのです

禁煙15年後には心臓発作のリスクは一度も喫煙していない人と同じくらいの確率になります 。

 

 

まとめ、禁煙であなたの人生が変わる

タバコが原因で亡くなる人は世界で年間600万人いるといわれており、日本だけでも年間で12万人以上いるそうです。

日本の平均喫煙率は男性が27.8%女性が8.7%で約1400万人が喫煙しているそうで、1日に15本以上の喫煙した人は死亡する確率が20倍以上にもなるそうなので、タバコを吸う吸わない関係なく知っておいたほうが良いと思います。

 

タバコをやめるのはとても大変です。タバコをすっている夢を見るかもしれません 。

しかし禁煙した直後から自分自身(健康的、経済的、社会的)に良い影響を与え、タバコをやめた瞬間家族や周囲の人が受動喫煙による健康被害を受けるリスクがなくなります。ちなみにニコチンは殺虫剤にも使われる有毒物質であります。要するにタバコを止めると人生が全く違うものになるということです。

タバコを止めるメリットは大きいと思いませんか?

出来るだけ楽で早く効果的に禁煙する方法・・・・でもそんな方法が本当にあるのか?

どうも、前回の記事で「自分の経験談も交えてタバコをやめるため、出来るだけ苦痛にならない効果的な方法はないものか、考え書いていこうと思います。」などとほざいていたMaverickです。

禁煙を何度か失敗もしていますが、3回成功しています。何をもって禁煙成功としているのかというとタバコ断ちして1年以上経っていればOKかと。(ジョンソン・エンド・ジョンソンのプレスリリースを基準)

参考 禁煙成功者200人と禁煙失敗者200人に聞く、「禁煙成否の秘訣調査」(Johnson & Johnson K.K.)

ここでは、早く一番楽で効果的だと思う禁煙方法を記載しています。

 

 

わたしは今まで3回ほど禁煙を成功したことがありますが、

1回目は14年、2回目は3年数か月、そして今は3回目で1年数か月の禁煙期間をホールドしています。

今回3回目の禁煙を継続していますので、これでやめるつもりです。たばこ代もどんどん上がってきてますしね。

1回目、2回目の禁煙後、複数年経過してまた吸い始めたきっかけが、ストレスと酒であることが10年かけて判明しましたので「ストレス」「酒」「たばこ」これが交わるシーンはなるべく避けるよう心がけています。

 

 

 

 

タバコをやめた時と吸い始めた時の反応

 

私に「ストレス」「酒」「たばこ」を与えてくれた周りの人(仕事関係と友人)の反応ですが、

 

禁煙1回目 → 「良くやめれたね。」「えらい!」「すごいね」などと言ってくれましたが

脱禁煙、吸い始めると「もったいない」「14年もやめてたのにねぇ」「もうやめれんぞ」と言われました。

 

禁煙2回目 → 「よくまた止めれたな」「どうやったの?」「辛くなかった?」などと言われました。

その後2回目の脱禁煙の時には、「バカなの?」「懲りないね」「やっぱりまた吸い始めたか(笑い)」

 

禁煙3回目 → 「また吸うんでしょ」「禁煙が趣味なのか?」「マゾ?」などと言われる始末。。。。。

ですが、何とか継続中であります!!

 

それに2回目と3回目は期間が短く、2回目の知り合いの禁煙外来に行くと「また来たんか?」と言われそうなのも嫌でしたので、他の禁煙外来に行こうかとも思ったのですが、仕事柄顔が知られているのであまり行きたくない、話のネタになりたくない。

というか、恥ずかしいので知られたくないというせこい思いで、禁煙補助ガムなどで禁煙に取り組みました。

 

 

 

初めての禁煙♡、かなりきつかったです。

この時私は、26歳と若く体力と汚れのない健全で純粋な精神があったのかもしれません。LOTTEのキシリトールガムをいつも”カミカミ”していました。タバコ吸いたい騒動がかなりきつかったのを覚えています。

 

きつかったのですがこの時、禁煙するための目的がありました

社会人のサッカーチームに入っていたのですが、そこそこ強くて地区のトーナメントや天皇杯のトーナメントにも出てたりしました。チームで不動のポジション(センターバック)を任されていまして当時、純粋で責任感の強かった僕はタバコをやめないと肺活量が上がらない→走れない(動けない)→迷惑が掛かる との思いでタバコを止めたのを覚えています。

All for one 、One for allの精神ですね。なつかしい….今は他力本願がモットーです。。。。

 

今は昔のような体力精神力、純粋さや責任感はないので決して同じようなことはできませんよ。

 

 

 

一番楽で効果的で苦痛が伴わない(短い)方法はやはり禁煙外来です。

 

「チャンピックス錠」を処方してもらうのですが、75%という確率で禁煙に成功できます。これを服用した後にタバコを吸ってしまうと恐ろしく不味く吐き気がします。ファイザー製薬の説明には「ニコチン切れ症状を軽くし、一服してしまったときのおいしいといった満足感を感じにくくするという効果がある」と書かれていましたが、とにかく不味く、タバコは自然と止めれたような記憶があります。タバコを吸わなくても気分が悪い時もありました。関連があるのかないのか分かりませんでしたが。タバコを止めるために親身になって話を聞いてくれ相談した医師にも感謝です。

チャンピックス錠服用開始から3か月ほどかかる方もいるようですが、私は2週間もすればタバコが吸いたいという衝動は全くなくなりました。

 

 

あまりに不味かったせいか、この時期に偶にタバコを吸ってしまう夢を見てしまい、「アカーン!」と言って飛び起きた事がありました。

 

 

3回目はニコチンガム(ニコチン置換療法)!で禁煙成功しました。

この時どうしても煙を吹かさないと物足りない気持が収まりませんでした。

そんな時、ドラッグストアの禁煙補助ガムコーナーの横にあるものに目が留まりました。

 

NEO CEDAR(ネオシーダ)です。第2類医薬品で、喫煙をすることで咳や淡がでやすくなるというものです。ただ、使用上の注意書きの個所に禁煙目的に使用しないでください」との記載が!!

「う~ん…まぁ買って試してみよう」と購入後吸ってみたら、案の定うまくない….ただ、煙を吹かしたい、吸いたいという衝動はおさえられましたし、ついでに喉がすこし楽になりました。ドラッグストアでも売っていますが、結構売り切れています。

ニコチネルとネオシーダでタバコの衝動を抑え、2~3週間ほど経ち何とか耐えることができました。不味いです。だからいいんです。

どうしても吸いたい時、1,2口吸って「まずい!」とすぐ捨てる!これを数日繰り返しました。

はっきり言ってこの方法はお勧めしませんが、チャンピックスの不味さに比べれば楽でした。ネオシーダに「禁煙目的に使用しないでください」、してはいけないこと「禁煙補助剤」との記載がありますので、やってみたいという方は自己責任でお願いします。

ネオシーダはカンゾウエキスを含んでおり龍角散を煙で吸っているようなものでしょうか。

ちなみに煙中にわずかなニコチンとタールは含まれていますので。

 

 

前回に引き続き、言いますが

東京オリンピックも控え、飲食店では喫煙者はますます肩身が狭い思いをしますね。

失敗しても何も失うものは無いですが、自分の気が進まないとか人から命令されてとかで、

無理に禁煙をする必要はないと思います。

自分の気持ちを落ち着かせ、本心から禁煙を望むなら、成功率は飛躍的に上昇すると思います。

 

禁煙は難しい?衝動に打ち勝てばニコチン依存症はなくなる!ただし、禁煙を無理強いは良くないでしょ。

 

食後に一服、仕事終わりに一服、コーヒーと一緒に一服、飲み会の席で一服 喫煙者にとっては至福の瞬間ですね。

 

しかし、タバコはガン・心臓病・脳卒中などと様々な病気を引き起こしており、人間にとって非常に有害であることはみんな知ってますよね。

百害あって一利なし」と亡くなってしまった私の婆さんが言っていたのを思い出します。

ここではなぜ、タバコがやめられないのか原因を見ていきます。

 

 

3人中2人がタバコが原因で死亡

喫煙者のうち3人中2人がタバコが原因で死亡しているとか、がんになった人のうち、男性で30%、女性で5%が、たばこが原因だとか言われています。

そんなことは、百も承知だ…が、タバコをやめようと思ってもなかなかやめられない。という人が殆どではないでしょうか?

 

あなたが、決意をして禁煙をはじめてみたものの、いざタバコを絶つと“イライラ”したり、仕事に集中できなかったり、頭痛や眠気が襲ってきたり、何といっても一番は 「どうしてもタバコが吸いたくてたまらない」という衝動 をおさえられないことがあったのでは? わたしは禁煙中に何度もありましたよ。

 

冗談で、友人や職場の人が、私に自分のタバコを吸わそうとしたり、近くでタバコを吸ったり。。。。そんな誘惑?迷惑?もありましたね。(笑)

 

 

 

話が少しそれますが。。。。。

 

ここ20年近くで、タバコを吸う人は周りに迷惑!タバコをやめないのは健康管理が出来ない意識が低い人だ!とか世の中を見れば「喫煙者=悪」のような図式が出来上がっているように思うのは私だけですかね?

 

そもそも、私が若いころ(今から20年前)は、仕事机の上にはMY灰皿があり、タバコを吸いながら仕事をしていたました。当時は男性職員の殆どが同様に仕事をしながら吸っていましたので、当たり前の光景でした。

 

 

 

ちなみに仕事は、医療関係の団体組織(医〇会)です。健康や医療に一番敏感な組織だといっても過言ではないでしょうか。。。。。最近入ってきた新人君に言うと、そんなこと信じられない、ありえない話とのことですが、くわえタバコで仕事をしていたのは紛れもない事実なんですよ。

 

禁煙したいと思っている人はあなただけではない

話がそれてしまいました。

受動喫煙という言葉は知っていると思うが、自分が吸ったたばこの副流煙により、側にいるタバコを吸わない人、例えば奥さんや子供さんも肺がんのリスクが高まってしまいます。発ガンのリスクは約1.3倍になってしまいます。

 

そんなリスクだけが取り沙汰され、世の中のタバコを吸う紳士淑女の二人に一人は禁煙したいと思っているようです。

自分の経験談も交えてタバコをやめるため、出来るだけ苦痛にならない効果的な方法はないものか、考え書いていこうと思います。

 

 

ちなみに私の喫煙遍歴

 

高校生の時に友達に“そそのかされて”マイセン(mild seven)を吸ったのがきっかけ。当時は1箱200円くらいだったかな。

大学に受かり18歳の時から本格的に吸い始める。

→カッコつけて少しお高い Marlboro (当時260円くらい) を 1日で1箱程度吸う。

 

就職後も吸っていたが、26歳の時禁煙をする。

→ ニコレットが出始め頃で高かったので、ボトル入りのガムで耐える。 何とか禁煙成功!

しかし落とし穴はあるもので14年後、

 

40歳の時、ストレスと酒の席で知り合いが、おいしそうに吸っていたので1本もらったのがきっかけでまた吸い始める。

→ LARK1mメンソール 半年ほどニコチンを充填後、禁煙外来へ「チャンピックス」で禁煙成功!

もう二度と吸わないと誓う。

 

しかし、心が弱い私は

43歳の時、またストレスで吸い始める。記憶が定かではないのだが飲み会の帰りにコンビニでタバコとライターを買っていたようです。嫁に見つかり大げんか!

→ケント5m メンソール 数か月ニコチンを充填後、禁煙補助ガム「ニコチネル」と独自の方法を用いて禁煙成功!?

もう二度と吸わないと再度誓い、現在に至る。

 

一度目の禁煙から2度目吸い始めるまで14年間吸っていなかったのだが、2度目と3度目の禁煙期間は2年数か月なので「プチ禁煙期間」といったところでしょうか。3年程度でまたストレスで吸ってしまったので禁煙成功とは言えないかもしれません。銘柄も変わっていますが、タバコの値段は20年前と比較しても倍以上になっておりますね。

1年10円ぐらい上昇しているということですか!? デフレ経済のなか、タバコだけが重税という名の元にインフレ状態継続中ですね。

 

 

 

そもそもなぜ禁煙が難しいのか?

簡単に言ってしまうと、離脱症状とか禁断症状などがあるからです。

というか、これがなければタバコという物が成り立たないですよね。

タバコを吸うと「ニコチン」が血液を通して脳まで届きます。注射よりも早く届き、外部からニコチン摂取が必要不可欠な状態になってしまいます。

 

つまり、一度ニコチンを取り入れてしまうと、それが脳内から減少すると「ニコチンが必要ですだ!直ぐに補給してください!!」と指令が走ります。。。。。はい、「ニコチン依存症」の完成です。

 

そして、吸えば吸うほど快楽物質であるドパミンを過剰に放出させます。多幸感や快感、覚醒効果、緊張緩和等、様々な効用を感じるようになります。ストレス解消や「ホッ」と落ち着いたり、眠気が取れるのは、こういった理由があるからである。

結果、依存度がどんどん高くなっていき、雪だるま式にどんどんタバコの本数やニコチンの量が増えていく傾向にあります。

 

 

 

 

合成麻薬やアルコールよりも強い依存性があります

 

このタバコの依存症の強さですが実は「コカイン」や「ヘロイン」に次ぐ強さで、合成麻薬(MDMA)やマリファナよりも強いものです。

薬物を止めるのと同じくらい難しいという事実があります。

 

依存度スコア平均値の抜粋(数値が高さが依存度の高さ)

ヘロイン3.00    コカイン2.39  タバコ2.21 ・・・アルコール1.93・・・ アンフェタミン(ヒロポン)1.67・・・大麻(マリファナ)1.51 ・・・・エクスタシー(合麻MDMA)1.13

 

出典 http://www.jstc.or.jp/   日本禁煙学会「タバコは薬物である」より

 

禁煙できない理由はすべて麻薬より強いこの「依存性」にあります。

私もそうでしたがどうしても日本人の感覚だと、タバコは身近にあるためか

覚せい剤より安全で効力も弱く、体に悪いといっても覚せい剤ほどの害はないようなイメージがあると思います。

 

これだけ強い依存性ですので、半年以上禁煙できる人はわずか6%程度しかいないそうです。

 

 

ですので、そんな困難な現実があるのに禁煙を決意したあなたは、誰が何と言おうと、あなたの決断はとても素晴らしいのですよ!!

 

 

 

衝動に打ち勝たなければいけない。

ただ、タバコを吸いたいという衝動を何とかしてやり過ごさなければなりません。

わたしも何度か禁煙しましたので、その衝動はよくわかります。

 

わたしはいつも思うのですが、タバコを吸ったこともない者が「タバコをすうな」とか「タバコ吸う奴は頭悪い」とか上から目線であれやこれやと医学的根拠(エビデンス)を元に偉そうに講釈を垂れる人をよく目にします。(私も医療関係者なもんで)

 

聞くとタバコを吸ったことがない者が大半でした。なので禁煙の苦しみを知りません。全ての人ではありませんがほとんどの場合 講釈にまったく説得力がありません。とにかく「タバコ=悪」とデータを用いたお話ばかり。。。時間の無駄です。

 

わたしは無理に禁煙しろ、タバコをやめろとかは言いません。今までタバコという文化があり産業が発展し、人の生活の中にも密接に関係していた“文化的なアイテム”ですから。

 

ただ、あなたが禁煙したいタバコを止めたいというのであれば、私の経験が少しでも役に立つと嬉しいですし、どんな手を使ってもいいのですから是非、禁煙をしてください。

そしてこのページを見ている方は、私のように何度も「禁煙」をしないように心がけましょう(笑)