口臭で悩んだ時には、まずその発生原因を考えよう。

健康

朝起きると口臭がする。。。。

口臭が気になり、人前で話すのをためらってしまう。。。。

口からドブやう〇このような臭いがする。。。。。。。。

昔は気にならなかったのに最近になって自分の口臭がやたら気になる。。。。。

最近、家族や同僚から口が臭いと言われるようになり、近くに行くと嫌な顔をされる。。。。。。。

 

こんな悩みを抱えている人がいるかもしれません。

原因は、口腔内で発生したバクテリアが増殖して、硫化水素やメチルメルカプタンなどの揮発性硫黄化合物が発生するためだと言われています。

 

自分の口臭がどうして発生しているのか?

しっかり原因を知り、正しい口臭対策やケアを行うことで、費用も時間もムダにせず、口臭を気にしない楽しい生活を送りませんか?

 

 

「生理的口臭」と「病的口臭」そして「心理的口臭」

口臭というのは、人それぞれ違っています。

なぜ人の口臭というのは違っているのかというと、口腔内の環境も違えば、体内環境も違います。生活環境や食習慣なども違いますので、それによって人の口臭というのも変わってくるわけです。

また、人の口臭はその人の健康状態などを表しているとも言われていて、もしかすると病気になっている若しくは病気にかかる前兆かもしれません。

 

「生理的口臭」と「病的口臭」について

 

生理的口臭の場合には、たとえばニンニクを食べてにんにく臭くなったとか、お酒を飲んでお酒臭い口臭になったというものです。

舌苔がたまっていると口臭がしますし、ストレスなどによっても口臭が発生するといわれています。

他にも年齢とともに口臭がきつくなったり、煙草を吸うために口臭がきつくなるというケースもあります。

 

では、病的な口臭というのは、どのような口臭なのでしょうか。

病的口臭は、耳鼻科系である鼻や咽頭、 呼吸器系である肺や気管支などの病気、消化器系である胃や食道などに病気や問題があったり、糖尿病などが原因で口臭が起こる場合があります。

血液中にある成分のニオイが口から臭ったりすることもありますし、空腹時に肝臓から甘酸っぱいガスを発生することもあります。

 

心の問題から発生する「心理的口臭」

強いストレスや不安、抑うつなどの精神や心の問題から、実際に検査しても口臭がしない又は、気にするほどではない口臭なのに真剣に悩んでおられる方がいます。

本人は何度も歯磨きをされたりガムをかんだりマウスウォッシュをされたりと、自分の口から「口臭がしているんじゃないか?」といつも気にされています。

周りの人はまったく気にしていないのですが、だんだん人と合うのが怖くなり、日常生活に支障をきたしてしまうことがあります。

 

「病的口臭」や「心理的口臭」に心当たりがある方は、まず内科や心療内科などの専門医を考えたほうが良いかもしれません。

 

 

 

口臭を対策するための2つの方法

一番手っ取り早い方法は、口のなかをきれいにして口臭を予防します。

市販されている口臭対策のグッズを使うという方法です。

マウスウォッシュや歯ブラシ、歯磨き粉なども口臭を対策するために販売されているものも色々とありますし、口臭の原因になっている舌苔を洗浄するための口臭対策グッズなども販売されています。

他にも、口臭対策としてはガムや飴、サプリメントや薬も販売されています。

口臭が全く気にならなくなるというカプセルタイプのサプリメントが人気で、においのきつい食べ物を食べた後などに飲んでいる人も多いのではないでしょうか。

実は、口臭対策としては口臭対策グッズに頼らない方法があります。

 

生活習慣や食習慣を見直すという方法です。生活習慣や食習慣が原因で口臭が発生していることがあります。

生活習慣や食習慣を見直してストレスをなくしたりしっかり噛んで唾液を分泌したりすということが口臭対策になります。

 

 

 

 

唾液に含まれる「口腔内細菌」

 

口臭が起きてしまう原因の一つに唾液の中に含まれている口内細菌があげられます。

 

口内細菌というのは、免疫力の低下とともに増殖し、病気を引き起こすこともあり、酸素や糖質が全くない状態でも活発に活動します。

朝起きた時に口を開けて寝ていると口の中が乾燥してしかもネバネバになっていることってありませんか?

そのネバネバ(バイオフィルム)が出ていると口臭の原因になっていると考えられます。

 

唾液というのは、そもそも口のなかを綺麗にするための自浄作用をもっているのですが、口の中が乾燥するとその働きが低下してしまって、そして口臭が発生するという仕組みになっています。

 

 

口臭と胃腸の関係

口臭が胃のにおいと直接関係しているとは言い難いのですが少なからず、関係していることもあります。

なぜ口臭と胃が関係しているのかというと、胃と口の中の状態というのは同じで、胃の状態が酸性過多になった場合、口の中も酸性になるといわれています。

また、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、など胃腸の病気にかかっていると消化不良や胃や腸内で異常発酵をおこします。臭い物質が血流で肺まで運ばれて、呼吸をすると独特の口臭がすることがあります。

他にも胃と口臭の関連性は高く、胃の状態がもしも悪い場合には、舌の上についている舌苔が普段に増してつきはじめて、それが口臭の原因になっているとも言われています。

口と胃はつながっています。

口臭を予防するためには、胃の状態をまずは健康的にしなければいけません。食べすぎや胃もたれ、ストレスなどによって胃に負担をかけるということは口臭の原因になることもあるので注意しましょう。

 

 

 

歯科医院での口臭治療

口臭のケアや治療をしてもらえる場所といえば、やはり歯科医院(歯医者さん)ではないでしょうか。

歯科医院へ行って口臭対策してもらうわけですが、何が口臭の原因になっているのか診断をしたり検査をしながらその結果によって口臭治療の方法を順番に進めていくという形になることが一般的です。

口臭治療の種類は色々あり、口臭の原因によって治療方法も変わってきます。

そもそも口臭の原因というのは、胃の状態が悪かったり、口腔内の状態が悪かったり、規則正しい生活をしていないで偏った食べ物ばかりを食べているなどの生活習慣によって口臭が発生しているといわれています。

ですから口臭治療の第一段階としては、口臭治療をこれから進めていくにあたってカウンセリングや診断などを行って、どのような形で口臭治療を進めていくのかを決めることになると思います。

歯科医院(歯医者さん)によっては口臭検査を行ってからどのように口臭治療を進めるのが良いのか、計画を立てて行われます。

ただ、口臭治療は保険適用にならない場合が多く、特殊なケースを除いて自費治療になりますので料金はまちまちです。気になる方は、事前に問い合わせしてください。

 

 

歯科じゃない「口臭外来」

口臭外来という外来があるのをご存知でしょうか?

口の中のにおいが気になっている人や口臭恐怖症の人のための専門外来のことです。

近年、口臭に悩む人が多いことから歯科クリニックや総合病院に併設されてその数は増えてきています。

口臭外来では具体的にはどのようなことが行われているのかというと、まずは口臭がどれくらい強いのかガスクロマトクラフィ―という機械を使ったり、官能検査や細菌検査などしながら分析していきます。

もちろん口臭外来では口臭の原因になっていることを探して、その口臭の原因を解消するために予防対処法などもアドバイスしてもらうことができます。

口臭外来では自臭症の人の場合にはアドバイスやカウンセリングをするなどメンタル面でもケアしてもらえます。

口臭に悩んでいるけど、歯科で相談してもいいのか、どこへ相談すればいいのかと悩んでいる人は、近くに口臭外来がないかどうか調べてみて、口臭外来があれば、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

手軽にできる口臭チェック

 

口臭チェッカーって知ってますか? 簡単にいえば口臭の度合いを測ってくれる機械です。

お巡りさんが交通検問の時に使っているアルコールチェッカーの口臭版です。

体温計くらいの手軽な大きさのものから、大型で精密に数値が測れるものまでさまざまです。

口臭チェッカーの販売店はドラッグストアーや歯科医院などでも販売していますし、口臭チェッカーを通販で購入することも可能です。

口臭チェッカーは色々なメーカーから発売されていて価格的にはノンブランドの口臭チェッカーになると1000円ちょっとで購入可能です。

タニタ等の有名メーカーの口臭チェッカーになると2000円以上はしますがそれでも、すぐに手軽に自分の口臭について調べることができるというのはいいことですね。

サイズが小さいものは、手軽にかばんやポーチの中に入れておくことができるので便利です。

ふっと息を吹きかければ、いつでも簡単に口臭がチェックできますからデート中にも口臭が気になったらトイレなどで口臭をチェックすることが可能です。いろいろな種類の口臭チェッカーが販売されていますから選んでみるのもいいと思います。

 

 

口臭は子供でもおこる

 

口臭というのは大人だけに起こることだと思っている人も多いかもしれませんが、子供にも口臭はあります。

子供の口臭といっても幼児くらいの子供くらいだと思っている人もいるかもしれませんが実際には赤ちゃんにも口臭はあります。

子供の口臭というのは、子ども自身が自分の口臭に気がついたりするないと思いますので、親御さんが子供の口臭に気をつけてあげないといけないことになります。

子供の口臭の原因というのは、大人の口臭の原因とは少し違ってきます。子供の口臭の原因でいちばん多いとされているのは、虫歯なんだそうです。

虫歯によって口臭の原因になっているので、子供の口臭が気になりだしたら歯科へ行って虫歯がないかどうか確かめてみるといいかもしれません。

虫歯が原因の場合、治療をすれば子供の口臭はおさまります。

虫歯以外には何があるのかというと、食生活なども関係しています。また、口呼吸をして口の中が乾燥するということも子供の口臭の原因になっています。

口の中が乾燥してしまうと、細菌が増殖しやすい状態になってしまい口臭の原因となってしまいどうしても口臭がきつくなってしまいます。

 

 

 

 

さいごに

 

たとえば口臭の原因になっているのが、虫歯や歯周病、口の中が不潔だからだという場合には、口のなかを清潔にしておく必要がありますから歯磨きをするなどして口臭予防に努める必要があります。

毎日の歯磨きの時にはしっかりと磨き残しをなくすということも大切です。

 

口臭を予防するためには食生活の見直しも必要です。

食生活のバランスが偏っている人というのは、胃の中の状態があまりいい状態とは言えずに口臭を引き起こしてしまいます。

 

生活習慣を見直すことで規則正しい生活をすれば口臭予防につながるといわれています。

ストレスをため込んでしまうと胃に負担がかかってしまいますから、胃に負担をかけないためにもストレスをためない生活をするということもとても大切なことです。

そうすることで口臭予防につながります。口臭予防と一言で言っても、生活習慣から口腔内の清潔までいろいろとありますから、原因によって予防策を考えるといいでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました