改善

ワキガで「くさい」と言われたら、発生原因を知りと日常生活を改善しましょう。そしてまずはしっかり洗浄。

 

あなたの周りに「ワキガ」の人はいらっしゃいますか?

ワキガの人には大変申し訳ないのですが、酸性臭のニオイが生じ、ニオイが強ければあまり近づきたくないです。

本当は「あなたクサイよ」とお知らせしてあげたいのですが、なかなか直接は言えないです。。。

本人が気づいてくれればいいんですが・・・・・気づかないのであれば、本人の為にも皆の為にも傷つけないよう遠まわしに”やんわり”と言うしかないですね。

そもそも「ワキガ」って脇がどういう状態になって、発生しまうのでしょうか?

 

 

腋臭症(ワキガ)の発生原因

ワキガは腋臭症(ふしゅしょう)ともよばれています。

汗と雑菌が混じり、それが蒸発乾燥して酸性の悪臭を放っている状態です。。。

汗を出す汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。

ワキガを引き起こすのは、アポクリン腺から脂質やたんぱく質を含んだ脂っぽい汗です。(アポクリン腺があるのは、わき、乳輪、外陰部(デリケートゾーン)、外耳道など限られた部分です。)

アポクリン腺の汗自体に臭いはありませんが、皮膚表面の雑菌や皮脂と混ざり合うと強い臭いを発します。

そこにエクリン腺からでる汗と一緒に蒸発されると周囲の人にもイヤな臭いが届きます。

 

 

体質変化でワキガにはなりません

ワキガの原因であるアポクリン腺の汗腺の数は遺伝子により先天的に決定しており優性(顕性)遺伝すると言われています。

体質変化で突然ワキガになるということはありません。

両親、家族にわきがの方がおられる場合、アポクリン腺の数とアポクリン腺から発する汗の量が多い可能性があります。
成長期などホルモンバランスが変わる時期はアポクリン腺が刺激され汗腺が活発化、発汗が多くなり、突然臭い始めたという経験をお持ちの方もおられると思います。

 

日常生活にも原因が

アポクリン腺が活発に働いていなければ、ワキガ臭に悩まされることはありません。

ホルモンバランスが変わる成長時期以外に、突如ワキガ臭が発生したという方もいると思うのですがなぜでしょうか?

原因として、よく言われているのがお酒と食生活(肉、乳製品など)そしてストレスです。


他にもファーストフードは出来るだけ控え、お肉はなるべく脂肪の少ないものを選び、動物性脂肪である乳製品も脂肪分が多いので控えめに(においの原因を持っています)した方がワキガになりにくいと言われています。

また、汗をかく習慣がない人は汗腺に老廃物が溜まっていて、それが原因となることもあるようです。

 

肥満、太りすぎ

汗をかきやすく衣服や皮膚表面が湿っているため、雑菌が繁殖しやすい。

ストレスや疲労

ストレス発散や疲労回復でワキガ臭が弱くなると言われている。

今まで汗をかく習慣がなかった

アポクリン腺が刺激され溜まっていた老廃物が一緒に流れ、皮膚表面の雑菌や皮脂と混ざる。

お酒・たばこ 

アルコール、ニコチンがアポクリン腺を刺激することがある。

ファーストフードや肉食中心の食事

動物性たんぱく質がアポクリン腺を刺激する。

※体内が酸性に傾くとワキガになりやすいと言われています。肉や脂分が多い食事(洋食やファーストフードなど)を続けていると、もともと弱アルカリ性だった体が酸性に傾き、体が酸化し抵抗力が落ちワキガの臭いがきつくなると言われています。

海藻や野菜、豆類などアルカリ性のものを摂取することで、体内をアルカリ性に傾くようにすれば、ワキガの臭いが弱まる傾向があるようです。

 

手術の前に殺菌と消臭、しっかり洗浄

殺菌作用のある「イソプロピルメチルフェノール(o-シメン-5-オール)」や、雑菌を抑える効果のある「ミョウバン」など配合されているものや消臭成分、抗菌抗酸化の効果があり、わきが対策に役立つ成分として注目されている渋柿エキスを抽出した「柿タンニン」や緑茶エキスの「茶カテキン」が入ったものがおすすめです。

手術(剪除法・皮下組織吸引法・超音波吸引法・皮下組織削除法、ボツリヌス療法など)でも対応できますがそれぞれメリット、デメリットがあり保険が効かない場合は高額になることがあります。

よっぽど酷いニオイで普通の生活が困難である場合は手術という選択もありかもしれません。

ただ、手術に踏み切る前に、即効性はないと思いますが一度ワキガ対応のボディーソープなどでしっかり洗浄してみてはいかがでしょう。

 

スメルハラスメント(スメハラ)は臭いをどう感じるか?で決まる、食事に気を付け清潔にしてニオイを改善しましょ。

 

スメルハラスメント(スメハラ)という言葉をご存じだろうか?

 

ニオイによって周囲を不快にさせる嫌がらせで、主に汗やワキガの体臭や加齢臭、ミドル臭、口臭などがそれにあたる。

そのクレーム主の殆どは、女性である。

ニオイの原因の張本人は、ほぼ中高年の男性のようで全くの無自覚であることが多く、人から指摘されて初めて自覚することが多い。

セクハラ、パワハラ、マタハラと企業では敏感な「ハラスメント」の領域に新たに「ニオイ」まで浸透しつつあるのは、恐ろしい。

貴方も自分が知らない、気づかないうちに、「スメハラの加害者になっていた」ということにならないために気を付けてほしい。

 

スメハラの原因について

日本においても社会問題となりつつあるそうで、Wikipediaなどを見ていると、スメハラの原因は香水や口臭や体臭、屁などが挙げられるそうだ。

ハラスメントというぐらいだから、職場内での出来事であろう。しかし職場で放屁などする奴がいるのだろうか?

よくわからないが、そんなエチケットのない奴には放屁するたびに消臭スプレーを目の前でかけてやりたい気分だ。

スメルハラスメント

 

またタバコのにおい、女性の生理や整髪料や柔軟剤の強い香りなども不快に思う人が増えてきているらしい。

以前には、このようなことはなかったのだが、何故これほど「ニオイ」に敏感になってしまったのだろう?

 

嗅覚には個人差があり、本能にも働きかける

臭う、臭わないは人によって違う。香水をいいニオイと思う人もいればクサイと思う人もいるということだ。

ちなみに女性は「いい匂いのブサ男と、臭いイケメン」どちらをえらぶだろう?

「HLA遺伝子」という言葉を聞いたことがあるだろうか?女性は本能的に強い遺伝子を残すため自分と異なる匂いを「いい匂い」と感じるそうだ。

イケメンでスポーツが出来て頭も良くすごく好きだったんだけど、ニオイがダメで、付き合ったものの性格も合わず別れたということは良くあることらしい。

ちなみに男性の自分からしても、いくら可愛くて美人な女性だとしても体臭などのニオイがキツイと萎えるな。

なので、ブサ男でも「いい匂い」であればチャンスはある! ので、いじけて希望を捨ててはいけない。

ニオイは改善する。落ち込んで悩むことはない。

もし、貴殿が体臭などのニオイで周囲から距離を取られたり、「クサイ」などと言われて傷ついていたとしても悩むことはない。

そもそも臭いはだれでもある。臭いが強いか弱いかだけの違いであり、臭いがきつくなった原因があるはずだ。

肥満やストレス、酒タバコも体臭が強くなる要因であるといわれているが、主な原因は食生活であるとおもう。

ファーストフードや肉食中心の食事ではないか?

動物性たんぱく質が多くとる人の体内は酸性に傾く傾向にある。もともと人間の体は弱アルカリ性である。

酸化すると抵抗力がなくなり、結果体臭が強く臭くなるので体を弱アルカリ性に保つようにする必要がある。

豆類、野菜、海藻類などアルカリ性のものを多めに摂取するようにしよう。

 

毎日清潔にして殺菌や消臭が大切

食生活のほかにも体を清潔にすることが大切である。

毎日使うシャンプーやボディーソープは殺菌作用のある「イソプロピルメチルフェノール(o-シメン-5-オール)」や、雑菌を抑える効果のある「ミョウバン」など配合されているものや消臭成分、抗菌抗酸化の効果があり、わきが対策に役立つ成分として注目されている渋柿エキスを抽出した「柿タンニン」や緑茶エキスの「茶カテキン」が入ったものがおすすめだ。

「ミドル脂臭」「加齢臭」、寒暖差がある時期には「汗臭」が気になる人も多く、グッズもたくさんあり対策をとられている人も多いのではなかろうか?。臭いに関する市場は今後もおおきくなるのだろう。

体臭を図る(数値化してくれる)家電もあるというのだから、驚きだ。ちなみにレビューを見てみると「故障か?」「反応しない」「セットアップが面倒」などとあり、まだまだ精度、使い勝手共によくないようだ。

何にせよ、体臭や加齢臭に対応した「ボデーソープ」や「シャンプー」で毎日丁寧に洗い、汗をかいたらこまめに拭きとるということが大切で、そのうえで制汗剤や消臭剤をしようして、周囲に不快感を与えないようにすることが大切だ。