スメルハラスメント(スメハラ)は臭いをどう感じるか?で決まる、食事に気を付け清潔にしてニオイを改善しましょ。

健康

 

スメルハラスメント(スメハラ)という言葉をご存じですか?

 

ニオイによって周囲を不快にさせる嫌がらせで、主に汗やワキガの体臭や加齢臭、ミドル臭、口臭などがそれにあたります。

そのクレーム主の殆どは、女性だそうです。

ニオイの原因の張本人は、ほぼ中高年の男性のようで全くの無自覚であることが多く、人から指摘されて初めて自覚することが多いよう。

セクハラ、パワハラ、マタハラと企業では敏感な「ハラスメント」の領域に新たに「ニオイ」まで浸透しつつあるのは、恐ろしいなと。

貴方も自分が知らない、気づかないうちに、「スメハラの加害者になっていた」ということにならないために気を付けてほしいと思います。

 

スメハラの原因について

日本においても社会問題となりつつあるそうで、Wikipediaなどを見ていると、スメハラの原因は香水や口臭や体臭、屁などが挙げられるそうだ。

ハラスメントというぐらいだから、職場内での出来事であろう。しかし職場で自分の目の前で放屁などする奴がいるのだろうか?

そんなエチケットのない奴には放屁するたびに消臭スプレーを目の前でかけてやりたいですね。

スメルハラスメント(和製英語: smell harassment)とは、ハラスメントの一種で、においにより周囲を不快にさせる嫌がらせのことである。スメハラと略される

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

 

またタバコのにおい、女性の生理や整髪料や柔軟剤の強い香りなども不快に思う人が増えてきているらしいです。

以前には、このようなことは聞いたことはありませんでしたが、何故これほど「ニオイ」に敏感になってしまったのでしょうね?

 

嗅覚には個人差があり、本能にも働きかける

臭う、臭わないは人によって違う。香水をいいニオイと思う人もいればクサイと思う人もいるということ。

ちなみに女性は「いい匂いのブサ男と、臭いイケメン」どちらを選びますかね?

「HLA遺伝子」という言葉を聞いたことがあるだろうか?女性は本能的に強い遺伝子を残すため自分と異なる匂いを「いい匂い」と感じるそうです。

イケメンでスポーツが出来て頭も良くすごく好きだったんだけど、ニオイがダメで、付き合ったものの「いい匂い」と感じなかったので、しばらく後に別れたということがあるらしいです。

ちなみに男性の自分からしても、いくら可愛くて美人な女性だとしても体臭などのニオイがキツイと萎えます。

なので、ブサ男でも「いい匂い」であればチャンスはある! ので、いじけて希望を捨ててはいけないのかもしれませんよ。

ニオイは改善する。落ち込んで悩むことはない。

もし、貴殿が体臭などのニオイで周囲から距離を取られたり、「クサイ」などと言われて傷ついていたとしても悩むことはないと思います。

体質改善やにおい対策をしっかりすればいいだけの話なので。

そもそも臭いはだれでもあります。臭いが強いか弱いかだけの違いであり、臭いがきつくなった原因があります。

肥満やストレス、酒タバコも体臭が強くなる要因であるといわれているが、主な原因は食生活にあると言われています。

ファーストフードや肉食中心の食事ではないでしょうか?

動物性たんぱく質が多くとる人の体内は酸性に傾く傾向にありますが、もともと人間の体は弱アルカリ性です。

酸化すると抵抗力がなくなり、結果体臭が強く臭くなるので体を弱アルカリ性に保つようにする必要があります。

豆類、野菜、海藻類などアルカリ性のものを多めに摂取するようにしましょう。

 

毎日清潔にして殺菌や消臭が大切

食生活のほかにも体を清潔にすることが大切です。

毎日使うシャンプーやボディーソープは殺菌作用のある「イソプロピルメチルフェノール(o-シメン-5-オール)」や、雑菌を抑える効果のある「ミョウバン」など配合されているものや消臭成分、抗菌抗酸化の効果があり、わきが対策に役立つ成分として注目されている渋柿エキスを抽出した「柿タンニン」や緑茶エキスの「茶カテキン」が入ったものもおすすめです。

「ミドル脂臭」「加齢臭」、寒暖差がある時期には「汗臭」が気になる人も多く、グッズもたくさんあり対策をとられている人も多いのではないでしょうか?臭いに関する市場は今後もおおきくなるのでしょう。

体臭を図る(数値化してくれる)家電もあるというのだから、驚きですが、レビューを見てみると「故障か?」「反応しない」「セットアップが面倒」などとあり、まだまだ精度、使い勝手共によくないようです。

何にせよ、体臭や加齢臭に対応した「ボデーソープ」や「シャンプー」で毎日丁寧に洗い、汗をかいたらこまめに拭きとるということが大切で、そのうえで制汗剤や消臭剤をしようして、周囲に不快感を与えないようにすることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました