ダイエットをする以前に心がけておきたいこと。ダイエット成功したいのなら生活習慣や食習慣がダメだと体を痛めるだけだよ。

健康

体はどういった理由で痩せるのか、という事を知っておくことはダイエットをする上で大切です。

ムリや食事制限や運動は体を痛めつけるだけで、続かないうえにバウンドのリスクを増やすだけなのです。

痩せたい、痩せて綺麗になりたいという欲望は、だれもが持っています。しかし、ダイエットを実践するその前に心がけておかなければいけないことがあります。

 

ダイエット成功に導くためにはメンタルが大切

 

 

カロリー制限や、毎日のエクササイズ、生活習慣の改善など、ダイエットの方法は無数に存在します。

効果の有無はさておき、ダイエットサプリメントや食品、運動器具などその方法は数をあげればキリがありません。

ダイエットを成功させるには運動食事制限などを毎日続けることが大切。そういった意味でもメンタル面のあり方は重要な要因になります。

 

 

きついダイエットでも、自分自身の力で成功させてやるという気持ちをいかにして持ち続けるのか、誘惑に負けない強いメンタルを保つため、心身ともに良いモチベーションを維持し続けなければなりません。

気持ちが持続できずダイエットを途中でやめてしまったという人は、メンタルの状態が目標まで保つことができなかったという事でしょう。

また、ダイエットをしていれば、停滞期というものがあります。

食事制限や運動をしているにも関わらず変化が見られない感じられない期間です。

そういった時でもコツコツ地道に自分のペースで計画どおり運動や食事制限などをこなせるよう、まずはメンタルを強固なものにしておくことが、基軸となります。

 

 

目標を立て細分化して一つづつクリアしていく

 

 

自分がどのような状態になることがゴールなのか考え、無理のない目標や計画をしっかり立てましょう。

目標を決めたら、目標までを幾つかに分割しそれごとにゴールを決めておきます。

そうすることで、一つハードルを突破すると、次のハードルへと目標を達成しやすくなります。

細分化されることで、ルーティンワークになり、分割された目標を一つづつクリアすることで、達成感が味わえモチベーションを保ちやすくなるのです。

いきなり高い目標設定をしてしまい、思うような成果が出ない時期もあります。そうすると誘惑に負けてあきらめてしまいがちです。

 

ちょっぴり努力すればクリアできそうな取り組みやすい目標を段階的に設定し、時間をかけてクリアしていくようにします。

決して、急激な負荷をかけたり短時間で効果を出そうと無理な計画を立てず、体が悲鳴をあげないような範囲で、ルーティンワークで取り組めるような内容にするといいでしょう。

 

 

ダイエットのための運動

 

ダイエットが何か特別なことであると考えている人がいます。しかし考えてみてください。特別なことはまず続きません。

運動不足を解消することも一つの方法ですが、なかなか運動に取り組めない、初めても続かない人がいます。

運動があなたにとって特別なこととの位置づけであれば、よほど意思が強くないと続きません。

 

ですが、小さなことからでもできる範囲でやろうと思えば、可能ではないでしょうか?

出来るだけ階段を使う、通勤時に少し遠回りしてみる、家事の際に簡単な運動を取り入れてみる等々、人から見るとどれも運動とは言えないかもしれません。一つ一つの運動強度は低いかもしれません。

しかし、それらを積み重ねると、そこそこのカロリー消費量になります。

 

 

肥満や睡眠不足はダイエットを難しくする

 

 

お酒飲みすぎやおやつなどの間食等の食べ過ぎをなくすなど、食習慣を改めることは、ダイエットの基本ですが肥満になるとこの食習慣の改善が難しくなります。

食べ過ぎを防いでくれるホルモンに「レプチン」というものがあります。

「レプチン」は、満腹になると受容体にサインを送り受容体は脳へ「もう、お腹一杯だよ!」と指令を出して食欲を抑制してくれます。

しかし肥満であると、この「レプチン受容体」の感度が鈍くなり、食べても食べても受容体がサインを受け取ることが出来ず、必要以上にたくさん食べてしまうので、どんどん太りやすいサイクルに入ってしまいます。

 

もう一つは、 睡眠不足です。睡眠不足はダイエットにとって障害となり得る可能性があります。

睡眠や休息をして、セロトニンが分泌されないと、精神的に情緒不安定になり過食や間食に走ったりしてしまいます。

精神安定作用と食欲コントロールする作用があるセロトニンがしっかり分泌されてこそ、ダイエットにも効果が現れるといえます。

 

 

ダイエットをするのであれば正しい食習慣は必須

 

 

 

エネルギーは、体内をのカロリーを燃焼させることで消費しますが、カロリーが足りないと筋肉は減少することがあります。

食事を減らしてムリなダイエットをしようとする行為が、この筋肉を減少させている一因とも言えます。

 

筋肉は使わないと減ってしまいます。筋肉が減ってしまうとカロリー消費が少なくなります。よく言う基礎代謝が落ちてしまった状態で、痩せにくい体になってしまいます。

今までと同じ量の食事をしてしまうと、カロリーが余ってしまい、余ったカロリーは脂肪となり、お腹周りやお尻などについてしまって、体重を増やす要因となります。

 

また、必要以上に食事の回数を減らすと、血糖値が下がります。

食事の時間間隔が長くなると、空腹時間も長くなりますので、食事の時に血糖値が急上昇します。

血糖値が急上昇すると、ホルモン(インスリン)の活動は活性になり、糖を減らしてバランスをとりつつ、脂肪は増えやすくなります。

朝昼晩の規則正しい食事回数を守り、早食いをせず、時間をかけてしっかり咀嚼(噛んで食べる)しましょう。噛むことで、唾液も出て食事量が少なくても満腹感を味わえます。

ダイエットの成功率をあげるためには正しい食習慣や知識を身につけることが大切です。

 

 

偏った食事内容は健康に害

ダイエットと言うとただ単に体重や脂肪を落とすことだけ考えてしまいます。

しかし、健康を失ってまでダイエットしようというのは本末転倒だと言えます。

 

健康的に痩せるために必要なのは、栄養です

 

栄養をしっかりとる食事ができていれば、食事の量は落ちついていきます。

 

野菜だけとか、肉だけとか、据え置きダイエットで炭水化物は一切取らない等の偏った食事をしていると、たんぱく質不足やミネラル不足などの栄養不足をおこして、体調を崩してしまうことがあります。

栄養バランスを考えて食事をとることが、健康的に痩せるダイエットの第一歩になります。

 

 

リバウンドしない体づくりには時間を掛けることが大切

 

 

いろいろな理由で、すぐに痩せたいからと絶食したり、サプリメントなどのダイエット食品を食事とする人がいます。

しかし、健康を害したり途中でイヤになるなど、ほとんどが失敗に終わっているようです。

 

身体や精神への負担が大きすぎるダイエットは、効果がすぐに出ても長期化すると続かず、その後リバウンドを招いてしまいます。

体への負担が少ない緩めの運動や食事制限を、ゆっくり時間をかけて続ける方が、リバウンドのリスクは少なくなり効果のある健康的でよいダイエット方法と言えます。

 

 

 

さいごに

良いものを作ろうと思えば手間暇をかけて、時間もかかるのは当たり前です。

体も同じで、ゆっくり時間をかけダイエットをすることで、停滞期やリバウンドのリスクも減らせますので、急がず時間をかけ徐々に痩せることを意識して下さい。

タイトルとURLをコピーしました