雑記

悪いイメージがある大麻、自生していても採りに行くなよ。CBDとTHCについて

大麻と聞くと日本では、「違法薬物」とか「マリファナ」とかいう絶対悪のイメージがありますね。

「ダメ!ゼッタイ、ダメー‼」ってやつです。

海外ではちょっと違い、アメリカでは合法化されている州もあります。オーストラリアでも

私が学生時代アメリカに短期留学していた時、実際に吸ったんですが、少し酔ったような感じになるんです。

ただそんな感じだったんですけど、長い年数吸い続けていたらどうなんでしょうかね?たぶんタバコとあんまり変わらないように思いますが。

喫煙している知り合いのアメリカ人に聞いてみようかとも思いましたが、なかなか「マリファナ吸ってたよ」とは言いずらいかもしれませんので、長期間喫煙した場合どうなるのかは聞いたことがありません。

アメリカ人で喫煙経験がある人は、大体みんな吸っていると思いますよ。たぶん。

 

 

 

大麻は日本にも自生していた

日本にも各地に大麻は自生していました。麻を取る目的で栽培もしていましたが、現在は栽培免許を持っている農家さんが生産をしています。

昭和23年にできた大麻取締法で、現在は住民やお巡りさんに駆逐されているようですが、麻自体繁殖力が強く野生化したものが時々発見されているようです。シーズンに自生しているエリアでウロウロしていると職質をうけますし、監視カメラで録画されてます。

万が一、所持していたら逮捕(懲役刑)です。誤解を受けてもいけませんので、発見しても触らない方が身のためです。

警察か保健所に連絡してください。

なお、日本で自生しているものは「大麻」ヘンプといって繊維を取るために栽培されていた種なので、嗜好用(マリファナ)のような成分は、全くといっていいほど含まれていません。

真偽のほどは分かりませんが、畑正憲さん(ムツゴロウさん)は大麻の栽培免許をもっていて、「ムツゴールド」という品種を開発し、世界的な品評会で入賞したという話があります。動物王国の資金源つくりだったのでしょうか?

大麻に含まれる成分THCについて

問題とされているのは、大麻に含まれる「THC(テトラヒドロカンナビノール)」という成分です。この成分が人に幻覚・陶酔作用をもたらします。

いわゆる「ハイ」になるってやつですね。

厚労省のHPには「THC  は、幻覚作用や記憶への影響、学習能力の低下等をもたらします。」と書かれていますが、タバコ(ニコチンやタール)・酒(アルコール依存)の方がよっぽどその危険物は、高いように感じています。(私は、大麻推進派ではありませんが)

日本に自生している麻の種類は元々麻繊維を目的にしており、その種や茎からは、THCが全くと言っていいほど検出されないので、乾燥して喫煙しても全く「ハイ」になれないようです。

ハッズと呼ばれる受粉前の雌株の花がTHCを一番含むそうですが、管理されてない上に、野生ですから「THC」は、ほとんど無いといわれています。

 

麻の種類

ちなみに麻の種類ですが、精神に作用し、医療や嗜好用に使われる種類(サティバ、インディカ、ハイブリット)とよばれるものと、繊維などを取るための大麻(ヘンプ)、亜麻(リネン)、黄麻(ジュート)、ザイザル麻、マニラ麻につかわれる産業用のものに分かれます。

 

日本で栽培されているのは大麻(ヘンプ)で、許可された農家さんのみが生産しています。野良で自生しているのもあるらしいのですがTHCは、1%以下のようです。

言っておきますが、許可のないものが大麻を所持していると違法になりますよ。

CBDの成分と効果について

先にも述べたようにTHC成分が、幻覚など人の精神に作用してしまいます。

産業用ヘンプに多く含まれる成分として、CBD(カンナビジオール)があります。THCに次ぐ有名な成分で主に葉や茎を使用して精油を抽出します。

このCBDが結構な優れもので、精神に直接作用せず、不安、神経保護、けいれん、てんかん、腫瘍、吐気、炎症、骨成長促進、鎮痛、抗ガン、など様々な効果があります。

実際、このCBDの成分を使用した薬剤、エピディオレックス(グリーンウィッチバイオサイエンス社)が2018年にFDA(アメリカ食品医薬品局)に承認されました。てんかんを引き起こすガストー症候群やドラベ症候群に有効であるとのことです。

 

大麻が少しづつ見直されてきている

昨年11月にはマリファナ、大麻を法規制対象外にし、それに伴い大麻関連犯罪の前科の抹消そして、大麻製品からの税収を目的としたMORE法案が下院で通過しました。米国議会では異例なことで少しづつ大麻に対する見方が変わってきています。

 

国内でも、最近はCBD成分の入ったオイルやVapeといわれる水蒸気タバコ、グミやカプセルなど多く売られています。

ストレスや不眠、集中力の向上など自己管理にしようされている方が多いようですが、まだまだ認知が低くあまり知られていないようで、私の周りにCBDのことを知っている人はいませんでした。ちなみCBDの話をすると怪しい薬じゃないのか?という感じで見られてしまいましたが。

化学薬品で生成している医薬品より自然由来の漢方やこういったCBD製品のようなものが、即効性はないですがじわじわと効き、体には良いように思います。

厚労省のHPで見かけたCBD製品について

先般、エリクシノール社のCBD製品にTHCが含まれているのを厚労省のHPで発見しました。

国内で0.3%以上のものは流通していないだろうと思っていましたが、こういうこともあるんですね。

内容を見ると、18種類の製品のうちの3製品で「微量」のTHCが検出されたそうです。0.3%以下は合法ですので、それを上回ったのでしょうか?

やっぱり、何らかの制裁を受けるんでしょうかね?

 

まとめ

自生している大麻を探しに行くのは、やめなされ。見つけても触らない。警察か保健所に連絡を。

THCは違法だが、CBDは自然由来の体に優しい成分だがまだまだ、認知が低い。

日本も海外を見習いもう少し、大麻について門戸を開くべき。

 

再生医療でハゲがなくなる日。効果が不明な育毛剤はなくなるのか?

ハゲで悩んでいる貴兄が世の中にはたくさんいます。私の周りにもいます。というか、私もやばいです。

髪の毛をこれ以上減らすまいと育毛剤やシャンプー、頭皮の血行を良くしようとマッサージをしたりと日々その努力には頭が下がります。

市販薬やAGA治療で処方されるプロペシアやアボルブ、アロビックスなどでハゲが治る人はいいですが、治らない人もいます。

しかし、ちかい将来に薬や治療ではなく再生医療で治るかもしれません。

 

全ては受精卵からはじまる

私たちの体には約37兆個の細胞があります。元々は一つの細胞(受精卵)からできてます。

受精卵はどんな細胞にもなることができます。これを「全能性」といいます。

この全能性を持った受精卵は多機能幹細胞とも呼ばれ、色々な細胞をして人間の器官に変化していける細胞です。

器官細胞とよばれ目とか骨そして髪の毛にもなります。

 

細胞を外部に取り出し培養

将来髪の細胞になることが決まった器官細胞があるとします。

多能性幹細胞から器官細胞に成長する過程で上皮幹細胞と間葉系幹細胞というある程度毛髪に成長するであろう細胞に成長し、結果それらが毛髪の器官細胞に成長します。

理研 器官誘導研究チーム 辻 博士らは、この上皮幹細胞と間葉系幹細胞に注目しそれらの細胞を外部に取り出して実験で実験室で培養、凝縮させた毛根の種を作ることに成功しました。

 

 

毛髪再生医療へ

その毛根の種をマウスに移植し髪が生えてくるか実験したところ、たくましい髪の毛が生えてくることを確認しました。

この技術は人間にも応用できるそうで、人への応用は2019年内に臨床実験を開始して2019年末に臨床研究の報告書を提出して2020年から2021年あたりから治験などで、毛髪再生医療の治療を行っていくとのことです。

 

人への実用は2020年くらいからで、移植術には1人あたり2000万から4000万円程度と、とても高額であるということです。

一般人が手を出せる金額ではないですが、価格まで下がってくるには、まだまだ10年以上かかるのでは?と予想されています。

 

ハゲ対策の選択肢が増える

しかし、何をしてもダメとあきらめかけているハゲの貴兄にとっては、ハゲ対策の選択しの一つとして毛髪再生医療のが登場するのは、そんなに遠い未来ではないように思います。

将来はもう誰一人として、ハゲに悩む人がいなくなるんじゃないか?と思います。

 

人間関係で悩みたくない看護師の転職。ハローワークと転職サイトどちらがいいの?

看護師さんは、昔から慢性的に不足しています。

それを受けてか、10年前にはほとんど見られなかった看護師転職専門のWEBサイトが多く立ち上がってますな。

そしてそれを利用して応募されている方も多いようです。

わたしも、無料職業紹介というサービスを担当していたことがあります。

求人を希望する病院・医院(クリニック)などから希望を聞いて、簡易な情報をホームページなどに掲載して、それを見た就業希望者に一度来てもらい、さらに詳細な情報を記載した求人票をみて、応募するかしないか決めてもらい、面接日程などを調整するようなことをしていました。

そこで気が付いたことをお話しします。

 

 

看護師の離職の原因

 

私が一番耳にしたのが、人間関係からくるストレスです。

もちろん仕事内容や賃金、就業時間、希望する配属先に行けない、結婚や出産、旦那さんの転勤など、様々な理由で止めてしまう方がおられますが、離職理由の一番の原因は人間関係ではないでしょうか?

ただでさえ、患者さんと接しているとストレスを無意識のうちに抱え込んでしまいます。

その上、キツイ先輩やすぐ怒る上司、意地の悪い同僚看護師、性格の悪いドクターなど、医局などへ行くと空気が凍りついているような雰囲気、ナースステーションはお通夜のように暗く引き継ぎも愛想なく刺々しい言い方で、こちらがどれだけ忙しくてお願いしても「あ、私も忙しいので…」と断られ、残業は当たり前、昼休みもなかなか行けない。といった事を聞いたことがあります。

 

どういう人がいるのか?実際働いてみないとわからない・・・

転職をして、実際その病院、配属先で実際に働いてみないとどういった人がいるのか分からないと思います。

働き始めて暫くは、要領も悪く仕事に慣れることすら大変なのに人当たりが強い人がいると、やり難く辛く感じることがあるかもしれません。

自分が認められるまではある程度の我慢も必要ですが、サイコパスのような人がいるのも事実です。

そうした場合は、早めに配属を変えてもらうよう相談するか、精神的に病む前に転職を考えたほうが無難です。

 

 

 

人間関係が良好な職場の傾向

 

じゃあどういうところを見ればいいのか?私が、いろいろ見てきた中で職場の人間関係が悪くない病院やクリニックには、共通して仕事以外でもスポーツや趣味などで繋がりがあることに気づきました。

アンケート調査したわけでもなく、ドクターや事務局の方と何気に話していて気付いたことで、個人的な私見であることをお許し頂き、参考にしてもらったらと思います。

例えば、サイクリングやマラソン、水泳などの競技、そしてテニスや野球、フットサルなど球技の同好会のような集まりがある病院や医院です。

競技・球技スポーツって「one for all, all for one」(一人はみんなのために、みんなは一人のために)のような精神がありますよね。

そういった同好会や有志で集まりのある病院・医院では、総じて人間関係がギスギスしているとか、人間関係が悪いということを聞いたことがありません。

まぁ、休日にみんなでスポーツをしよう!ってくらいなのですから協調性があり、精神的に活発で若く明るいスタッフの方が多いのでしょうね。

 

 

飲み会で人間関係が良くなるのか?

スポーツよりも飲み会の方が、皆が参加できていいじゃないか?という人もいます。

「定期的に飲み会をしており、全員参加で人間関係は良好だ!」などと書かれている求人票を見たことがありますし、看護師就職WEBサイトなどを見ていても、「定期的に飲み会をして人間関係は良好で~す!」のようなものをよく見ます。

 

私は20年近く〇師会に努めていますが、うちの病院・医院では飲み会を定期的にしているから、人間関係がいいんだよ。という話を一度も聞いたことがありません。

飲み会はあくまで、参加した人のストレス発散の場でしかないと思います。

どこの病院医院でもいると思います。当番で行けなかったり、家族や時間的に難しい人、理由は不明だがどうしても行きたくないという人。

そうした方がいらっしゃれば、全く逆で、悪くなる可能性も少なからずあるのでは?とも思います。

 

 

無料職業紹介・ハローワーク(無料)と転職サイト

WEBサイトを利用した場合、登録した利用者は基本的に無料です。病院が採用に際して広告料や紹介料を運営会社に支払う仕組みになっています。

逆に無料職業紹介所やハローワークに掲載するにあたって、費用は基本的にかかりません。

ドクターと飲みながら話す機会が多かったのですが「人に寄り添える優しい人」や「向上心のあるスタッフが、来て頂けるのであれば多少のお金は問題ではない」ということを度々耳にました。

 

何が言いたいのかというと、本気で良い人材を求めている病院や医院は、多少の費用を支払ってでも来てもらいたいし、そうした費用を払える余裕があるしっかりとした経営が出来ているということです。

そういった、病院や医院はスタッフに更に成長してもらいたい、という思いがあり勉強会や研修会、スタディーグループといった、スタッフが医療人としてより大きく成長するため教育体制も整っています

あなたが本気で医療人として成長をしたいのであれば、本気で相談に乗ってくれるWEBサイトの方が良いのかもしれません。

 

 

 

<実際に働いているスタッフの様子、雰囲気がよくわかるのでおススメです。>

看護師・介護士の就職なら「動画求人サイト感動画」

 

無料で入手できる情報では見極めが難しい

無料職業紹介所やハローワークにも良い求人はあります。

しかし、それを見極めるのは正確な情報が入手できないと無理です。

「無料職業紹介」ですが、会員であればハローワーク同様、お金はかかりません。

実際、本気で雇用する気があるのかどうかわからないような求人もあります。「タダだからとりあえず、出しておこうかな」という印象です。

そういった医療機関に求職者を紹介しても、内定に至らなかったり、内定が決まり就業されてもすぐ辞めてしまうケースが多いのです。

そして、そういった求人は、何度も更新しながらずっと残っていきます。

担当者は、それを知っていますが求職者の方に「この医院はここ〇年以上ずっと継続して募集出してますよ。この前も一人紹介したのですが、求人を取り下げないんです。きっと、何かあるんでしょうね。」などと立場上、絶対口が裂けても言えません。

担当者がその医院の内情を何かの伝手で知っていたとしてもです。職務上、誘導したり妨げたりするようなことは絶対できませんので。

これは、ハローワークも同様だと思います。

厚生労働省、国の機関ですので、職員さんが求職票を見て「ここはいつも募集をかけているので、離職する人が多いかもしれないので止めておきなさい」などとは、絶対言ってくれないはずです。

 

 

転職に失敗しないために

実際に見てみる

就業しようと考えている職場の患者さんの傾向、病院やスタッフの雰囲気を観察してみてください。

知り合いがいるならば聞いてみて実際見てみる一番いいのですが、そうなかなか都合よくいませんよね。

余裕があれば、患者として一度受診してみるのもいいかもしれません。

 

清掃や整理整頓

ドクターや事務方との打ち合わせで、時々医療機関に行く機会があるのですが、「服装」「待合室」「玄関」「駐車場」「トイレ」などをよく見ます。

清掃をあまりされてなかったり、備品などが整理整頓されていなかったりする医療機関って、ハッキリ言って申し訳ないのですが経営者がワンマンだったり、性格がズボラだったり、スタッフの教育や人間関係があまり良くないことがあります。

 

<実際に働いているスタッフの様子、雰囲気がよくわかるのでおススメです。>

看護師・介護士の就職なら「動画求人サイト感動画」

 

 

 

(ここからは、専門的な事になるので興味のない方は見なくていいです。)

深掘り(医道審議会、地方厚生支局について)

 

厚生労働省には医道審議会という行政処分(医業停止や免許取消)を下す組織があります。

免許取消は基本的に「永久剥奪」ですが、あなたが務めようとしている病院や医院のドクターが、過去に何らかの刑罰を受け医業停止処分をうけていたとしても、医業停止は停止期間が満了すれば、その後は医師として医業に復帰、従事することができます。

罪は償ったとは言え、あなたが就業前にその事を知っているのと知らないのとでは、大きな影響があるかもしれません。

気になる方はGoogleなどで「医道審議会 処分者 2019年」などと検索してみてください。

 

また、地方厚生労働局には、不正請求を行った医療機関・保険医に対して行政処分を行うことになっております。

こちらも医道審議会同様、気になる方は、地方厚生(支)局 から管轄の厚生支局内の検索ウィンドで「保険医停止・保険医療機関停止」などと検索してみてください。

 

 

初めての瞑想(超初心者の体験) - 今に意識を集中し、リラックスして楽しむことが重要!-

 

瞑想という言葉を出すと「胡散臭い」などという人がまだまだ多いと思う。

「瞑想」なんて言う君は、どこに向かって「迷走」しているんだい?等と親父ギャグをかまされたこともある。

実際、以前は自分も「嘘くさい」と思っていた。

知り合いに誘われて、初めてやってみたが、なかなか楽難しい。

 

初心者なんですけど⁈

初心者はイライラしてしまったり、気が散ってしまってもかまわないので、一度呼吸を整え、まずは自分の呼吸だけに意識を集中させることから初めてみようとのこと。

しかし、床の上で座禅を組み、目を閉じ何も考えず心を開放して落ち着かせるためじっとしているのだが、最初のうちは色々とゴチャゴチャ考えてしまう。

まぁ、考えることは、大体仕事のこと or 家庭のこと。(仕事も家庭も問題はないんだが…)

暫くすると、意識を自分の呼吸一点に向け、他は何も感じない様な状態をキープすることができた。

(よく分からんが、初心者はそんなものでいいらしい)

 

 

瞑想前とはチョットだけ違うような…..

瞑想後に感じたのだが、瞑想前にはなかったリラックスした自分がいることに気が付いた。

体が楽だ。気のせいか肩こりがすこし解消したような感じで、爽快で穏やかな気持ちになり少し疲れもとれたような感じだ。

知り合い曰く、心の安定や思考力の向上にいいらしい。 仕事を効率化するため、生産性を向上するために瞑想を取り入れている人もいるそうだ。

瞑想は、場所や時間を選ばず目を閉じて、姿勢を正し、意識を集中するだけで誰でもできる、

と言っても、出来ない人には出来ないだろう…..向き不向きはあると思う

世界中で5億人以上の方が日常的に行っているそうだが、あまり日本では人気がないのかな?

自分の周りでは、あまり聞かないなぁ。(今回誘ってくれた知人ぐらい)

 

瞑想ってどういう効果があるの?

そもそも瞑想はどういう効果があるのか? という問いに対し下記のような模範解答をいただいた。(ありがと)

集中力の向上、創造性の向上、雑念や不安を消し去り、和らげる力、優しさや思いやり、感受性など心を育み精神を豊かにするために行うのだそうだ。

 

瞑想前はう~ん?よくわからんね。だったのだが、瞑想してリラックス状態を体験し、少しだけ何となく分かったような気がする。(気になっている。)

 

良い瞑想とは?

 

瞑想は、今この瞬間に意識を向けリラックスして、楽しむことがより良い瞑想を行うためのポイントで、習得に時間がかかるそう。

今回は初めてということもあって、楽しかったよ。

しかし 「習得に時間がかかる」⁈ ってことは、私がやっていたのは、瞑想モドキなのかいな?

いえいえ初めてでも瞑想は瞑想で、定期的に続けているうちに、すこしづつ上手くなるそう。

今回私もそうだったが、初めてすぐの人はイライラしてしまったり、気が散ってしまって集中できなかったり、気持ちが落ち着かなかったりすることがよくあるらしい。

 

瞑想の究極と重要なこと

気を散らすことなく一つのことに集中できるようになること、瞑想とはそういうもので、究極は心を空にすること。

そして重要なのは、ありのままに現れる考えを受け入れることが大切でそういったものを習得するのに時間がかかるらしい。

 

時間があったら自宅でも、と思い押し入れから昔買ったヨガマットを引っ張り出してみれば、ボロボロだった。足が痛いので、今週末にでも買いに行ってみるかな。

 

 

瞑想の種類いろいろ

ちなみに瞑想にもいろいろ種類があるらしく、少し調べたら

 

◊Loving-kindness meditation(慈悲の瞑想、メッタ瞑想)

◊プログレッシブリラクゼーション、ボディスキャン瞑想

◊マインドフルネス瞑想

◊呼吸意識瞑想

◊クンダリーニヨガ(瞑想)

◊禅瞑想(坐禅)

◊超越瞑想

 

などと、出てきた。初心者なので良くわからないが意識の向け方、呼吸法が違うのかな?ほとんど変わりはないそう。

マインドフルネス瞑想は、心療内科でよく聞くが日常でも取り入れている人もいるのかな?

 

最後に(必要なものは自分だけ)

 

まぁ、何にせよ瞑想は良い精神と健康で幸せな体と精神を得るのに役立ち、その気になれば、自宅でだれでも簡単にできるということ。

必要なものは自分のみで、服装やお香などの道具、音楽などは必要ないということである。

 

苦情・クレームには自信をもって対応しよう、ハッタリでもOK。ほとんどは話を聞いてあげるだけで収まるよ。

苦情・クレームはどの業界で仕事をしていてもあると思います。

私は医療業界関係の団体で働いており、苦情・クレームの電話の対応させてもらっていますが、以前に比べ近年は些細なことで電話をかけてくる人が多くなりました。

ほとんどが、自分の思うようにならなかった、気にくわなかった、待ち時間が長い、スタッフの対応などが原因でフラストレーションで爆発寸前、または爆発しながらに電話をしてくるケースです。

もちろん中には、別の関係団体へ連絡や相談が必要なもの、更に医学的に詳しい役員のドクターへ回答をお願いしたり、訴訟になり弁護士さんお任せするケースもあります。

 

私も以前は精神が疲弊するのでとても嫌でした。時間も1件に1時間とか、酷いときは3時間以上ネバネバと話されたこともあります。

しかし、何度も電話の苦情・クレーム対応しているうちに金銭などを要求してくる犯罪者のような質の悪いクレーマーを除き、一般常識と道徳のある方の苦情・クレームの対応の仕方は基本的に同じであることに気づきました。

電話での苦情・クレーム対応で精神を疲弊されている方は参考にして頂けると思います。

 

苦情・クレームには何種類かある

クレームにはそれぞれ種類があり、その質も様々です。

1.単に改善を望んでいる

2.今後は二度と行くつもりはなく、思いっきりクレームを言ってる

3.ただのストレス発散、知識をひけらかしたい。

4.金銭を要求してくる者、恨み妬みなどがあり恣意的に人をおとしいれてやろうという悪意があるもの

5.ただ単に話を聞いてほしい寂しがり屋さん♡

6.今後も仕方なく行くつもり継続受診するんだが。。。。(直接本人に面と向かって言えない根性なし、又は恥ずかしがり屋さん♡)

 

 

ハッタリでもいいから自信があるフリを!

苦情・クレーム対応に関わらずどのような仕事にも通じるところがあると思うのですが、とにかく落ち着いて自分に自信をもってください。ハッタリでもいいので落ち着いている様子を醸し出すのもいいでしょう。

冷静になり自信をもって対応しなければ、火に油を注ぐようなことになりかねません。

あなたが、怒った状態でイライラしながらお店に行き、探し物を店員さんに頼んだ時、店員が新人で経験が浅くアタフタし、オロオロして見当違いな商品の説明をしたり、「調べますので少々お待ちください」と言われ長時間 待たされたらどうでしょう?

更にイライラはつのります。

 

「何でそんなこともわかんないんだ!」と電話の相手から言われるかも知れませんが、

わからなければ、「わからない」とさっさと言ってしまえば構わないんです。 私は待たせるのは基本的に良くないと思っています。

その後にどのような対応をするのか、誠意ある対応ができるのか、が大切です。

 

とにかく話を聞いてあげる、傾聴すること

前にも申し上げましたが、ほとんどが自分の思うような診療でない、医師の態度が気にくわなかったなど怒りを抱えた状態で連絡してきます。

まずは相手に合わせてじっくり、しっかりと話を聞いてあげる傾聴することです。

いきなり「〇〇医院はどうなってんだ!!」と怒鳴ってきたり、鳴き声で「△△クリニックで受診したんですが・・・・・ブツブツブツ・・・・」と何を言っているのかわからないもの「あのさ~〇〇町の◇◆っていう病院なんだけどさぁ~」と友達のように話をしてくる方、色んな人がいます。

不意を打たれるようで、対応がなかなか難しいですがそこは、落ち着いてメモなどを取りながらしっかり聞いてあげましょう。

一通り相手が満足するまで、納得するまで話させてあげることがポイントです。相手が話し終えるまで、話の腰を折るようなことはしてはいけませんよ。言いたいことがあってもそこは少し我慢です。

 

 

 

相手が一通り話し終わったら、

 

「それは申し訳ございませんでした。大変失礼いたしました。大変でしたね。お体の具合はどうですか?その後お困り事はないですか?」

などといった相手には非がなく、こちらが気づかっているような言葉を使ってあげることです。本当に「あなたには悪いところはない」などと言ってはいけません。あとでトラブルにならないように言葉選びには気を付ける必要があります。

この時点で、怒りやストレスは半分ぐらいは解消し、怒りの気持ちが落ち着いていきます。

親身になって話を上手に聞いてあげると、半分くらいの方は落ち着きを取り戻し平静になって「すまなかった。ありがとう」などと言って電話を切ってくれます。

 

共感してあげること

話を上手に聞くポイントは、「あいづち」や「うなずき」をすることです。

「なるほど、そうなんですね、ええよくわかります、はい」など

クレーム対応時には意識的に共感を示すことで、自分の話をしっかり聞いてくれていることを認識させること、気持ちを汲み取って聞いていると感じさせることが重要だと感じています。

 

ほとんどの方は、自分の主張が正しくそれを主張したいと潜在意識で思っていて電話をかけてきているのだと思います。

自分の話を十分に聞いてくれていると感じて怒りの気持ちが落ち着いていきます 。

 

 

 

内容を確認しておく

クレームの内容をはっきり再確認することも大切です。

怒り心頭で話してくるので、支離滅裂なこと、話の前後で内容が矛盾していいること等あります。

ですから、事実関係をはっきりさせておくことで、今後の対応も変わってきます。

なかには、内容を確認する際に「何度も言わすなよ」とかいう人もいるかもしれません。

しかし、そこは事実関係をしっかりと確認して上役などに伝えて、あなたの為にベターな改善策を考えますのでなどど言ってご了解いただくようにします。

 

どうしたいのか、希望は何なのか?

 

で、あなたは結局どうしたいのか?何を希望するのか?ということを聞きます。

怒りの気持ちが落ち着いていますので、ほぼ「そういったクレームがあったことを伝えてくれ」とか、「指導してくれ」で終わります。

中には「おまえが考えろ」って方もいます。が、私が考えたベストな解決策で何か問題があってもいけませんし不都合があっても責任も持てませんので。。。。ということで伝えるともういいよというような事を言って電話を切ります。

 

苦情・クレームではなく犯罪者

 

クレームをダシに使い金銭をむしり取ろうとする者、恨み妬みなど恣意的に人をおとしいれてやろうという悪意のあるものが少なからずいます。もはや犯罪者です。

そもそも、クレームの内容自体に信憑性のないケースもあります。

私の経験からですが、まるでこちらの様子を伺うような口調で話してくるような者、怒りのテンションでずっと話しているのにお金の話になったら急に慎重に話を始める者、いかにも生活弱者を装って弱々しく話していたのにお金の話になると急に興奮しだす者、色んな人がいるもんだなぁと思います。

この場合どうするのか?結論を言うと「うちの顧問弁護士と相談して弁護士の方から御宅に連絡しますので電話番号を教えてください。」と言います….

お金で解決する場合もあれば、「そこまで必要ないです。」とトーンダウンする者や電話が繋がらなかったケースもあります。

もちろん本当に医療行為自体に問題があった場合は、訴訟になります

 

何なんだ、そのクレームは?

今までの苦情・クレームの電話の中には、もはやクレームなのか何なのかわからないものもたくさんありました。

3つほど紹介します。

クレーム1

「先生と看護婦がイチャイチャしながら診療している。おかしくないですか?」と言って泣きすすりながら電話をしてきた女性。

「それはさぞ、不快な思いをされましたね。そういったクレームがあったことを伝えておきます」と言って電話を切りましたが、どうしたらいいんでしょうね?なま暖かく見守ってあげればいいのに(笑)

 

クレーム2

「待合室に貼ってあるポスターの漢字が間違っている。」調べてみましたが間違っておらずこのポスターは上部組織である〇本〇師会が作成しているポスターであることが判明。

何度も電話してきましたがそのポスターはどこに貼ってあるのか?あなたのお名前は?と聞くも答えず。最終的に訳の分からない言葉を吐き捨ててそれ以降電話はかかってきていません。多分精神病か何かを患っているのだと思います。。。

 

クレーム3

「〇〇クリニックの先生の手には陰毛がいつも付いている」

・・・・・・・・・・・・いやがらせか?いたずらか? で、おたくはどうされたの?したいの?と聞くと電話を切りました。

 

最近、苦情・クレームとは呼べないような本当に「しょーもない」電話が増えてきました。

まずは、一度精神科か心療内科へ行っていただきたいとも思うのですが…..

 

 

そもそもの勘違い

医〇会、歯科〇師会、薬〇師会などは、県や市などの行政組織ではありません。

医師、歯科医師、薬剤師などから会費を徴収し成り立っている組織です。いわば医師や歯科医師、薬剤師の組合のようなもので指導したり命令したりするような権限はありません。

何かの法律に則り執行するような力はないのです。

その辺りがあまり知られていないのでしょうね。

「営業停止にしろ!」とか「監査しろ!」「免許を停止しろ」とか言われる方がいます。

そんなのは管轄の保健所とか県の医療課もしくは管轄の厚生支局にでも言ってくださいね。

まぁ、よっぽどのことがないと行政も動きませんが・・・・

 

 

さいごに

TV、マスコミで情報を読みかじった方が、「あの先生の診療はおかしい」とか、「普通はこんな診療しないんじゃないですか?」とか「私は医療に詳しいが、あそこであんな検査はしない」とか言われる方が良くいます。

正直に申し上げると、「じゃあ、ご自分で治してくださいね」と言いたいです。

TVを見て、雑誌を読んでその程度の知識で、何百件、何千件、何万件と診察や臨床をしてきた医師や歯科医師の診断を真っ向から否定するんですよ?

正気の沙汰ではございません。そのような素人で自分で勝手に病名を決めつけている方には、セカンドオピニオンなども無駄なんだろうなと思い進めません。

 

また、クレーム対応でよくあるんですが説明文書や同意書にサインしておきながら、インフォームドコンセント(説明)無しで勝手に診療治療されたとかいう人もいます。

もう少しよく確認してほしいなぁ~と思います。

 

クレームと聞くと誰もが嫌な気分になり、避けたいと思いますし逃げたくなります。

しかし、上記のようなことを心掛けてクレームと向き合うことでどういう人かが見えてきます。

まともな人ならば、話(ストレス)を受け止めてあげると、よっぽどの問題ではない限り、電話を切ってくれます。

 

大企業のクレーム対応部門と比較したら、わたくしの苦情・クレーム対応は量も質も微々たるものですが、「話を聞いてくれてありがとう」とか「あなたは信用します」などと言われるようになると、まぁ捨てたもんじゃないかなぁ~とも思います。