目をよくするには、ブルーベリーに含まれるアントシアニンですな。

健康
PublicDomainPictures / Pixabay

 

スマホやPCの画面ばかり見ていると、目が疲れませんか?ぼんやりと焦点が合わなかったり、目頭が熱くなったり・・・

適度に目を休めることも大切ですが、アントシアニンという成分が目に良い作用をもたらすブルーベリーはおススメです。

特に成分が凝縮されたブルーベリーのサプリメントは、肩こりの原因にもなる眼精疲労回復に効果が有ります。

しかし毎日摂取するとなると結構大変です。そこで、成分が凝縮されたブルーベリーサプリメントをお勧めします。

 

ブルーベリーで目が良くなる?

目の健康に役立つとされるサプリメントはいろいろあります。

その中でもブルーベリーのサプリメントが眼精疲労に役立つとされていますが、そのきっかけはイギリスで、あるパイロットの話だったようです。

ブルーベリーの大好きなパイロットが夜間の飛行でもよく見えるのは、毎日ブルーベリージャムを欠かさず食べているからだ、とうわさになりました。

ブルーベリーと目との関係を調べた結果、アントシアニンというブルーベリーに多い成分が目の健康に作用することがわかり、分析結果からもブルーベリーの良さがわかりました。

肩こりの原因が目の酷使によるものだったり、目の疲労がひどかったり、暗いところで車を動かすことが多い人には、アントシアニンがおすすめです。食前にたべると、血糖値の上昇をおさえる効果もあります。また、最近では、心臓や認知機能の改善、糖尿病などへの健康効果も注目されています。

 

アントシアニンっていったい何?

アントシアニンは抗酸化作用のあるポリフェノールの一種で、多少ありますが植物すべてに含まてれいる天然の色素です。

私たちが目でものを把握できるのは、目の網膜にあるロドブシンという視細胞が光を受けるためのタンパク質のお陰です。

正常な働きをして脳へ信号を送ることで、私たちはものが見える「視覚」というもの得ています。

 

ロドブシンという視細胞は、目から光という情報が入ってくると分裂して脳へ信号を送り、また結合します。

目を使いすぎるとこの結合のスピードが遅くなりますが、アントシアニンが「ロドプシン」の結合の働きを助けます。

ロドプシンは結合を助けられることで、目が疲れにくくなったり、眼圧や目の血流を改善してくれます。

 

 

ブルーベリーをサプリメントで取ると効率的

ブルーベリーのサプリメントでブルーベリーを摂取するようになってから、目がよく見えるという人は大勢います。

ポリフェノールの摂取がブルーベリーからできるという点も大事なところです。ポリフェノールの抗酸化作用は動脈硬化の予防に効果があり、赤ワインやカカオなどでも最近話題となっています。

もちろんフルーツとしてブルーベリーを食べてもいいですがサプリメントは有効成分が濃縮されているのでより効率的で経済的です。

食べ貯めはできませんので、ブルーベリーの効果を得るには日々決まった利用を飲むといいでしょう。ブルーベリーサプリメントは低価格で販売されているものもあるので、まずは使ってみては如何でしょうか。

 

ブルーベリーサプリメントの選び方

何を基準にブルーベリーサプリメントを決めればいいでしょう。

ブルーベリーは、以前と比較するとずっと手に入りやすくなりました。果物売り場に生の状態でも並んでいます。冷凍したブルーベリーを販売しているところもあり、保存性も良いものになりました。

ブルーベリーのジャムはパウンドケーキに入れたり、ヨーグルトにトッピングしたり、パンにつけることもできます。

ブルーベリーは、可能な限りこまめに摂取していきたいものです。しかし、サプリメントは医薬品とは異なるので、薬のような薬効があるものではありません。気長に続けることが大事なポイントです。

ブルーベリー自体は低カロリーですが、ジャムの状態にしてあるものは砂糖がたっぷり入っているので、カロリー面で不安が残ります。加工品での摂取はカロリー面で不安だという方は、低カロリーのサプリメントでブルーベリーを補給してください。

 

 

毎日気軽にブルーベリーを

毎日手軽にブルーベリーを摂取できるのもサプリメントのメリットです。最近では、数多くのブルーベリーサプリメントが売り出されていますので、用途と体に合うタイプを使うといいでしょう。

ブルーベリーサプリメントでは、ブルーベリーの有効成分をチェックすることが大事です。豊富なアントシアニンを含むブルーベリーサプリメントほど高級品だといいます。

ブルーベリーの成分をたくさん摂りすぎないよう、サプリメントを使う時は1日に服用する分量をきちんと守ってください。

 

タイトルとURLをコピーしました