"/>

健康

アルコール依存症は飲酒の習慣化でおこります。早めに周りの人が適切な介入をしてあげてください。

投稿日:

あなたはお酒で不安を感じていませんか?

酒が原因で家族や仕事、社会的な信用を失うまで酒を飲み続けますか?

分かっているけど、止められない。気が付けば酒を手にしている。。。。

アルコール依存症の疑いのある患者さんは推定で450万人とも言われています。

 

誰でもアルコール依存症になる可能性があります

男女関係なく酒を飲む人なら誰でもかかる可能性がある病気です。

 

 

依存症は飲酒が習慣化して徐々に進行していきます。

最初のうちはお付き合い程度で、弱かったはずの酒にだんだん強くなり(耐性ができ)量も増加し飲めば気分が良くなる。とりあえず飲むと落ち着くので習慣的に飲むようになります。この段階でセーブできれば大丈夫なのでしょうね。

しかし更に飲む回数をほとんど毎日のように酒を飲み、量も増えるので今まで物足りていた量以上に酒がないと物足りなさを感じたり飲酒で記憶がなかったり、お酒が切れてくると不眠や寝汗、熱、悪寒などの症状が起きたりします。

イライラして落ち着かず、酒が原因で何か問題をおこし、周りが注意し始めるようになると依存症の初期段階です。飲酒をやめようと思ってもなかなかやめれません。

依存症が進むと手が震えたり仕事などのトラブルはさらに顕在化し(不注意やミス)酒を止められても隠れたり、嘘をついて飲もうとしたりします。

アルコールが切れてしまうと不安や恐怖といった抑うつ状態、幻覚などに襲われ更にお酒に溺れてしまい、最後には肝臓などの疾患や悪化で仕事、日常生活を続けることが困難になり死に至ることもあります。

 

アルコール依存している人に多い思い込み

毎日お酒を飲んでいるほとんどの人は、自分はアルコール依存症だと思っていません。

アルコールに強いので依存症になどならない!自分は違う…そう思っている人はアルコール依存症の第一歩だと思ってください。

「これくらい大丈夫だ」という気持ち、それが命取りです。

 

自分はアルコールに強いと思っている人

自分はアルコールに強く人と比べて酔いにくいという人がいます。

実際、私がそうで他の人が酩酊する量でも酔いにくく、顔も赤くならない体質で「酒豪」などと呼ばれてます。

しかしアルコールに強いというのは、肝臓でアルコール(アセトアルデヒド)を分解する処理能力が高く酔いにくい体質のことで、脳や体に与える影響は他の人と何ら変わりないのです。

 

今までこんなことがありませんでしたか?

☑「飲みすぎ」と家族や同僚などから言われたことがある

☑ 飲みながら話した会話の内容を覚えていない

☑ どうやって家まで帰ったのか覚えていない

☑ 昼間でも酒に対する渇望がある

☑ 以前にも増して仕事のミス、約束を良く忘れる

自分でアルコールをコントロールできない、アルコールが日常生活に支障を起こしている典型的なパターンです。早めの受診をお勧めします。

 

さいごに

アルコール依存症は回復できる「病気」です。

アルコール依存症は、本人は気づいても自分で何とかしようとなかなか周囲に助けを求めないため、周囲が適切な介入を早めにしてあげることが重要になります。
早期に治療するほど、回復も容易なので家族など周囲の方が早めに気づいてあげて専門機関に相談することが大切です。

日本断酒連合

全国精神保健福祉センター長会

地域の保健所(厚生労働省)

 

-健康

Copyright© この腐った体を何とかしたい!! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.