"/>

健康

歯のホワイトニングをする際に知っておくべきこと。ホワイトニングの種類、漂白とケア、ホワイトニングを避けた方が良い人、適さない歯

投稿日:

 

健康的な「笑顔」は人の心を和ませます。

口もとが清潔だと笑顔の印象が大きく変わります。

歯科医の姉が、女性は鏡を見た時に口からこぼれる白い歯が見えると自分の笑顔に自信が持てるようになるそうです。私は男なので何となくしかわかりませんが。。。

歯の色は人によりエナメル質などで色も異なりますし、喫煙やコーヒーを飲むなど生活習慣などで歯の性質など個人差があります。

私の歯もお世辞にも白いとは言い難いので、ホワイトニングに興味はあります。歯のホワイトニングを施術するときの薬剤の成分、方法などをまとめてみました。

 

 

ホワイトニングを避けた方が良い人、適さない歯がある

以下の方は、ホワイトニングをする際には、注意が必要です。

・虫歯や歯周病、妊娠中の人

・無カタラーゼ症の人(過酸化水素が分解できない病気)

・エナメル質形成不全、象牙質形成不全の人

・神経がない歯、外傷を受け変色いる歯

・テトラサイクリン系抗生物質、過度のフッ素摂取がもとで変色した歯

 

入れ歯、差し歯、セラミックなどの人工歯、インレー(詰め物)はホワイトニングできません。知覚過敏のある歯はホワイトニングには向かないそうです。

ホワイトニングの効果はずっと続くわけではなく、タバコ、コーヒー、食べ物や飲み物などによって再着色してしまいます。

元々の歯の色やエナメル質の影響で、思っていたほど白くならないこともあります。

 

 

ホワイトニング薬剤の成分

国内で市販されている歯磨剤(歯磨き粉)には歯の表面の汚れを分解して浮き上がらせて歯の汚れを取り、本来の白さを取り戻すところまでしかできません。

歯の中に浸透して黄ばみを分解するホワイトニング剤で一番効果のある物は過酸化尿素と過酸化水素です。薬事法により規制されており市販の歯磨剤(歯磨き粉)には入っていません。
また、国内では過酸化水素は「毒物・劇薬」指定となっており免許がない者が扱うことはできないことなっております。

ちなみにホワイトニングでよく聞かれるポリリン酸やメタリン酸は、歯の表面に付着した着色を分解する成分ですので漂白する効果はあまり期待できません。

 

ホワイトニングの方法

 

オフィスホワイトニング

歯科医院で歯科医師や衛生士に施術(漂白)をしてもらいます。虫歯、歯石除去など口腔内の状態をしっかり確認したうえで施術してもらえます。

即効性がありムラがほとんどありませんが、元に色に戻ってしまう「後戻り」も起こりやすいです。

過酸化水素や過酸化尿素などの薬剤を使用し、特殊な光を用いて行います。薬剤の濃度が高いため、人によってはしみることもあります。

薬剤の影響で施術後すぐは歯が着色しやすい状態になっています。酸性が強い飲み物、色素沈着しやすい食べ物や飲み物、嗜好品は控えなければいけません。

また、薬剤の影響で歯の表面のエナメル質が歯の表面が白く濁ることがありますが、通常は数日で自然に元に戻ります。

料金ですが健康保険が適用されないため、医院や施術の回数によって金額は変わりますが、1 回につき 20,000 円~70,000円程度が相場のようです。施術の回数、歯の数によっても料金は変わりますが、殆どはホームホワイトニングより白くなります。

ホームホワイトニング

歯科医院でマウスピースを作成し、自宅で薬剤を使用して自分自身がケアを行います。

マウスピースに薬剤を入れ1日1回2時間程度装着します。効果の発現はゆっくりで、大体2週間程度で歯の白さを実感されている方が多いです。そのため、「後戻り」もゆっくりです。

ケア期間中は飲食の種類の制限もあります。オフィスホワイトニングよりも費用は抑えられます。マウスピース作成と薬剤1週間で20,000円~50,000円程度が相場のようです。

 

 

デュアルホワイトニング

歯科医院でホワイトニングをした後、自宅でホワイトニングをする方法です。

歯科医院でのオフィスホワイトニングの即効性とホームホワイトニングの遅効性うまく組み合わせた方法です。施術、マウスピース作成、薬剤など60,000円~90,000円程度が相場のようです。

 

 

セルフホワイトニング(ホワイトニングサロン)

サロンに行って自らの手で自己責任の上、ケア(清掃)を行います。医療機関ではないので酸化チタンやポリリン酸などを使用しますが漂白作用は過酸化水素と比べると数段落ちますが非常に低コストで1 回につき 3,000 円~5,000 円程度が相場のようです。

 

セルフホワイトニング(自分で入手)

自宅でledライトや海外のホワイトニングのペースト、テープ、薬剤を使っておこなうものです。

自分では口腔内の状態が分からない、ネットなどで検索すればホワイトニングと謳った製品はたくさんありますが、漂白作用自体あるのかどうか疑わしいものもあり注意が必要です。

また、海外で作られているホワイトニング成分の入った薬剤ですが、過酸化水素の濃度が高かったりすると粘膜や舌に触れて炎症を起こすことがありますので注意が必要です。

漂白作用があり、ご自分に合ったものであればコストと時間を大幅に抑えられますが効果自体は、他のホワイトニングに比べると格段に落ちます。

薬剤や機材はネット通販などで入手若しくは海外旅行の際に購入することが出来るので比較的簡単です。多種多様で効果の程は分かりませんが、1,000円~10,000円程度が主流でしょうか。

 

巷でホワイトニング効果があると言われているもの

重曹

料理で使うベーキングパウダーと呼ばれるもので、正式な名前は炭酸水素ナトリウムです。食用のものを使用するようですが、粒子が荒く歯のエナメル質が削れてしまいます。漂白自体の効果は期待できません。また一度削ってしまったエナメル質は元に戻りませんので止めておいた方がいいです。

リンゴ酢

りんご酢の主成分は酢酸で、水にリンゴ酢を少量入れて口に数分含んだり、うがいをする方法です。畳、台所などの掃除の際にこびり付いたカルシウムなどのミネラルを分解し黄ばみが少し取れる程度です。本当に歯が白くなるのか疑問ですが、リンゴ酢自体は健康によいのでは。

イチゴ

イチゴにも漂白効果があると書かれているものをみますが、根拠が乏しいです。含有成分ハイドロキノン、アスコルビン酸,アントシアニン,エラグ酸など美白などを誘引するそうですが。。。。

活性炭

微粒子活性炭(炭)で歯磨きというものですが、表面上の汚れ、ステインを落とすもので、ホワイトニング(漂白)の効果はありません。あくまでケア(清掃)ですが、本来の歯の色を取り戻すにはいいと思います。

 

さいごに

ホワイトニングですが、薬剤で黄ばみを内から分解する漂白なのか、表面上の汚れをとり本来の白さにする清掃なのかに分かれると思います。どちらもホワイトニングと呼ばれています。

本来以上の白さにするのか?→過酸化水素などの薬剤を使った漂白

本来の白さを取り戻すのか?→表面のステインなど清掃するケア

どちらにせよ、自分の口腔状態をしっかりと把握することが大切だと思いますので、時間がある方は事前に歯科医院で口腔状態をチェックしてもらうことをお勧めします。

 

 

 

-健康

Copyright© この腐った体を何とかしたい!! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.