デトックス、日本人が昔からやっていた「一汁一菜」

健康

 

デトックスという言葉をよく耳にすると思います。

デトックスは2004年ころからヨガやファスティングなどと一緒にブームになり広まっていきました。もともとはアメリカのセレブ達が流行させたダイエット方法・健康方法です。

当初、デトックスはダイエットや美容ために行われていましたが、徐々に毒素を出すと健康になるいった効果が注目されるようになってきました。

 

 

デトックスって何なの?

断食をして体の中の毒素を出すということでヨガや岩盤浴、ゲルマニウム温浴などを利用して体の毒素を出す方法や体内の毒素を浄化することを含めてデトックスと呼んでいるようです。

健康方法やダイエット方法と言えば、体を動かしたり鍛えたりサプリメントを飲んだり、体にいい食べ物を食べるといったことが一般的で、体の中にいいものを足していくという方法になります。

デトックスは、体の中にある悪いもの不要なものを外に出して健康になる、ダイエットをするという引いていくという方法になります。

デトックスの考え方は、東洋医学の体の不調を内側から根本的に治すという考え方と類似していますね。

 

デトックスの歴史

デトックスは、もともと紀元前ごろからインドで伝わっている医学のアーユルヴェーダや中国の医学などで体の中の毒素を出すということについては考えられてきました。

断食というものが、修行のひとつとして行われてきたために、その頃からデトックスが普及していたと考えられています。

今ではダイエットのほかにも美容、健康、毒素排出で自然治癒力の向上など様々な効果があるということで注目されています。

修行僧の食事として知られてしられている精進料理にデトックス効果があるとのことで、近年健康ブームもあり禅寺で精進料理を食べるイベントに訪れる方も多いようです。

 

 

体内にたまる毒素をデトックスで排出

どんな成分が体の中の毒素として溜まっているのでしょうか。

体の中にある毒素というのは、食事などからはいってきた人間にとって不要な物質、もしくは有害な物質だと思います。

不要又は有害物質だけを残して必要な栄養素などは体に吸収されます。不要、有害物質がたまっていくことで、体の中には自然と毒素が増えていくということになります。

からだの中に毒素がたまってしまうと色々と不調が体に出るといわれているのです。

ではこの毒素が具体的にはどんな成分なのかというと、カドミウム、水銀、アルミニウム、亜鉛、ヒ素といった成分がまずあげられます。

これらは重金属といって体の中の毒素として知られている成分です。特に日本人には水銀、ヒ素が体の中にたまりやすいと言われていて、その理由は魚介類をたくさん食べることが原因で、お国柄だと言われています。

有害な成分は食べ物からだけに含まれるというわけではなくて、たとえば農薬に含まれていたり、たばこの煙や、歯の治療で詰めた歯の詰め物などにも含まれていて、自然に体の中へと毒素として蓄積されていくのです。

この自然にたまっていった毒素をうまく排出する手段として、デトックスを定期的に行うことにより体に害を及ぼさないようすることができます。毒素を輩出することで、自然治癒がアップしますので体本来の正常な働きをはじめます。

 

日本人は、何年も続けてきたデトックス、一汁一菜

さて話は変わりますが、日本人の食生活には、一汁一菜といった食習慣があります。

白米とみそ汁をしておかずがあれば充分であるという日本人の食事の原点ともいっていいスタイルです。実はこの一汁一菜という食習慣がデトックスにつながるとも言われています。

白米のたんぱく質が必要なエネルギー源となり、大豆を発行して作ったみそ汁には必要な塩分と季節の野菜などで必要最低限のビタミンなどの栄養素が摂れ、低カロリー、低脂肪、低たんぱく、胃腸への負担が少なく、体に余計なものが溜まりにくく健康になんの不足もなく過剰なものもありません。

実際、近年欧米化した食生活などが原因で発生する病気、例えば糖尿病などの患者数は年を追うにつれどんどん増えてきています。

欧米化している日本人の食生活には、一汁一菜というデトックスが必要になりつつあるのかもしれません。

 

さいごに

 

デトックスをすれば健康になれる、ダイエットに成功するといった考え方をしている人が多くいます。人間が本来持っている自然治癒力を向上させたり、美容効果や精神的な自己啓発などを目的として行っている人もいます。

便秘になると毒素が体の中にたまりやすくなり、それがダイエットの障害になったり老化の引き金になるとも言われたりしていますので、それらを解消したり防いでくれたりするようです。

さまざまな良い効果があるようなのですが、身体には大きな負担を伴う危険性もあります。

また、科学的根拠に乏しい製品やサービスを提供する業者も多いようなのでお気を付けください。

 

タイトルとURLをコピーしました